2006年8月18日 (金)

まさに老害

すでに色々な所で話題になっていますが、久しぶりに呆れた記事を見つけたので、ちょっと毒でも吐かせていただこうかと。

リンク: イザ!:【コラム・断】いい大人が半ズボンとは-話題!ニュース

「私達の少年時代、公衆の面前で半ズボンが許されるのは小学生までで、中学生以上は夏でも長ズボンをはくのが常識であった。」 

私が中学生位に成り立ての頃もそうでした。で、私は小学生の頃は1年中半ズボンで通すような子供だったので、この常識には心から納得できませんでした。何で暑い時にわざわざ暑い格好をせにゃならんのかと。(まあ、そもそも私は制服というもの自体にかなり嫌悪感を持ってたんですが...)

私にとっては幸運な事に、中学の途中、私は親の転勤によりアメリカに行く事になりました。周りの男性は年齢を問わずハーフパンツをはいていました。さすがにFormalなoccasionにはスーツ着てましたが。私は当然のようにアメリカの風習に乗り換えました。そっちの方がよっぽど合理的でしたから。

数年後、私は日本に一時帰国しました。その頃には日本でもハーフパンツは一般的になっていました。失礼な言い方ですが、私は、やっと日本人の感覚も「まとも」になってきたかと思って非常に嬉しかったのを覚えています。という訳で、それをわざわざ反対の方向に持っていこう、というこのコラムは非常に神経を逆撫でされるわけです。もっとも、私としても夏にプライベートで長ズボンをはく人達を否定するつもりはありません。

なお、「偏見を承知で」書いてある件についてですが、私は外見から判断できるその人の能力は、その人が場の空気を読める能力があるかどうかと、その人のざっくりとした身体能力程度だと思っています。60歳近くにもなって、それ以外の他人の能力を外見から判断しているようでは、この方の「人間としての器」もたかが知れているように思います。

自分の価値観以外のものを認められない人、というのは大体において、いなかっぺか、それとも年寄りの方である事が多いようです。一応誤解のないように書いておくと、そういう人のSupersetとしていなかっぺ or 年寄りというグループがあると言っているのであって、いなかっぺ or 年寄り = そういう人と言っているつもりはありません。この吉川潮さんという方がどちらなのかは知りませんが、ネットで顔写真を検索したところ、なかなかみっともなくて暑苦しく見苦しい方と見受けられましたので、ご自分の論理に従って、顔を隠して生活されてはいかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月)

秋葉原遠征

実は私はGWには一度は秋葉原に行ってまして... 今年も行ってきました。

で、戦利品ですが:

  • 2006 FIFA World Cup(英語 Win版)
  • テトリスDS
  • My Chemical Romance "Life on the Murder Scene"
  • "School of Rock" (DVD)

あと、ヤフオクで落札者が付かなかった"Blade of Darkness"についても、売っぱらっちゃいました。

テトリスDSは正直失敗でした。好評な人には好評みたいですが、あまりテトリスって変わり映えしないんですよね。Wi-Fi通信の対戦はまあいいと思いますけど...あまりそれ以外にアピールする点がないような。(決して私がテトリスの対戦強くないからじゃないですよ...多分) いくつか新しい?モードもありますが、あんまり何度やっても面白いって感じではなかったです。早々に売っちゃおう...

そういう意味では、My Chemical Romanceも失敗だったかも。彼らのAlbumは2枚とも持っていますし、それなりに好きですけど、わざわざLive音源ばっかり入ったCD買うほど好きではないなと。これは、付録のDVDのために買ったようなもんですね。まだ見てないけど。

まあ、わざわざ秋葉原まで行った理由は英語版の2006 FIFA World Cupを探しに行った、という部分が一番大きかったので、見つかってよかったです。ただ、私がEA Sportsのこのシリーズを最後にやったのは2001年版だったので、それ以降結構いろんな所が変わってるんですよね。色々細かい事が出来るようになってるのはいいんですが、私みたいなへたれにはいささか荷が重い。っていうか、選手の交代はPauseした画面からできないんですかぁ?やり方わかんねえし。とりあえず、何回かやって、アルゼンチン対インドで1-0で勝てるようにはなりましたが、まだまだ慣れが必要みたいです。

"School of Rock"は映画館で観て結構気に入っていたので、タワレコのPoint 2倍キャンペーンのために買ったようなもんです。4ヶ月でポイントカード一杯ってのは、去年よりもハイペースかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月22日 (水)

ライオンな週末

実は先週の金曜日にミュージカル「ライオンキング」を見に行きました。ずっと一度見てみようとは思っていたんですが、浜松町は私が住んでいる所からは微妙に遠いんです。でも、見てよかったと思いましたよ。

で、昨日は、「ライオンと魔女」を見て来ました。「ナルニア国物語」は小学生の頃からのファンなので、どんな出来になっているか期待1/4、不安3/4くらいで見に行ったんですが、思ったより良い出来でした。これについてはまた別に書こうと思います。

あと、最後にここでも書いていた、G15買っちゃいました。これについてもまた後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月17日 (金)

物欲が止まらない

実は冬のボーナスを使ってなかった事に気付きまして。まあ、使わなきゃいけないって物でもないと思いますが、あるといいなあ、と思う物があるなら使うでしょう。

で、今まで自宅のPCでは、三菱のMDT15Xってのを使ってたんですが、ちょっと大きいmonitorが欲しいなあと。で、買ったのがこれ:
リンク: Mitsubishi MDT191S

ある程度大きくて、アスペクト比固定機能とTVチューナーが付いてる機種となるとある程度限られちゃうんですよね。で、その中でも絵が綺麗そうだったのがこれでした。(古いPCゲームもやる人なので、アスペクト比固定は必須なんです。)

ただし、難点が1つ。一応下調べはしてたので、覚悟はしていたんですが、この液晶はテカテカなので、写りこみが激しいです。普段はいいんですが、濃い色や、暗い色が画面の大半を占める時には、自分とか自分の後ろの部屋の風景とかが画面に写ってしまうんですね。しかも狭い部屋なので、光源を調節する事もできないので、回避するためには部屋の電気を消すしかないんです。目悪くなりそう。

で、そうなると、Keyboardが良く見えなくなるんです。一応Blind Touchはできるんですけど、やっぱりね。で、俄然興味が出てきたのがこれ:

Logicool G15 Gaming Keyboard

このKeyboard、バックライト付きだし、Game以外にもマクロの登録とかできるし、そんなに高くないから、買っちゃおうか検討中です。

で、そんな時にここ最近調子が悪かったコンポが音飛びするようになりまして・・・。まあ、新人の時に一番最初の給料で買ったものなので、もう買ってから7年くらいたつんですが、こいつもこの際買い換えようかなと。で、今考えてるのがこれです。(もう生産してないみたいですが)

Yamaha DVX-S200

5.1CHで、SACDも再生できるっていうところがちょっと魅力です。って言っても、本当はSACDは2枚しか持ってないんですけど。しかも、あんまり大きな音出せない環境にすんでるし。
ただ、その後調べてみると、コンポの音飛びは、特定のCDだけっぽいので、これはやめるかな...

| | コメント (0) | トラックバック (0)