« 2009年7月 | トップページ | 2010年2月 »

2009年12月31日 (木)

2009年振り返り(音楽編)

さて、2009年を音楽の観点から振り返ってみたいと思います。

今年は30枚のCDを買いました。それらのTop 5はこんな感じです。

   1. Our Lady Peace - Burn Burn
   2. 30 Seconds to Mars - This is War
   3. InMe - Herald Moth
   4. JAM Project - Freedom
   5. OTEP - Smash the Control Machine

Burn BurnはOur Lady Peaceから数年ぶりの新作です。前作のHealthy in Paranoid Timesが全然良くなかった(しかも、よりによってCCCDで発売された挙句、rootkit騒動に引っかかって回収され、私の手元にはもうありません。)ので、ちょっと心配していたのですが、Burn Burnはすごくいい出来です。

30 Seconds to MarsのAlbumは一応全部持っているのですが、過去2作共に、聞いているうちにどんどん買った時のインパクトが薄れていく、というパターンでしたが、今度のはそんな事はなさそうです。ただ、ファンのコメントを見ると、「誰に宣戦布告しているかがわからない。」というコメントが多いのはどう取るべきなんだろうか…

InMeも、30 Seconds to Mars同様、聞いているうちにインパクトが薄れてくる方だったんですが、Captain Killjoyが凄く良かったです。

残り二つは結構悩みましたが…

Freedomは、この中では唯一2009年発売ではないです(2003年発売)。惜しむべくは、JAM Projectの名曲、SkillのAlbum versionのイントロが微妙なところでしょうか。Singleバージョンの方がかっこいいので、そっちを収録して欲しかった。

OTEPは、一作目は確か敬遠した記憶があるのですが、こっちは良かったです。ちなみに、なぜ選んだかというと、民主党のニュースを見る度にRise Rebel Resistを聞きたくなるから、というちょっと訳の分からん理由からです。

あと、特筆すべきは、Pia-no-jaCかなあ。

最後に、2009年末のLast.fmのArtist別、Track別のチャートはこうなりました。

Artistbasic10

Tracksatuo

さて、2010年はどんな曲とめぐり合えるんでしょうか。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2010年2月 »