« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月31日 (水)

2008年振り返り(音楽編)

さて、2008年を音楽の観点から振り返ってみたいと思います。

今年は36枚のCDを買いました。それらのTop 5はこんな感じです。

  1. Trapt - Only Through the Pain
  2. Celldweller - (self-titled)
  3. Filter - Anthem for the Damned
  4. 遠藤正明 - ENSON
  5. Sevendust - Retrospective 2

Only Through the Pain は、今年TraptがAlbum出すと思ってなかったので、結構意外でしたが、特にCover Upという曲が最高に良かったです。

Celldwellerは、本当は発売されたのは去年ではなく、数年前に発売されていたらしいんですが… 結構いろんな映画のSoundtrackに曲を提供していたらしく、結構聞き覚えのある曲がありました。

Filterは、私が高校生の時から好きなバンドです。前のAlbumから大分時間が開いてしまいましたが、なかなかいい出来だったと思います。

遠藤正明のENSONは、実際には色々なアニソンのカバーアルバムです。元の曲は女性シンガーの曲が殆どですが、結構雰囲気が変わって、これはこれでいい出来になっていいます。(特に、キミガタメなんか素晴らしいです。まあ、元々のSuaraの方も好きですけど。)ただ1つ残念なのが、どうもパーカッションがドラムマシーンか何かでやったみたいで、パーカッションが力強い遠藤正明の声と比較して非常に貧弱です。本当のドラム使ってくれたらなお良かったと思うんですが。

そして、Retrospective 2 は3曲を除いて、コンサートでのLive音源です。ですが、その3曲の中のLosing Youが非常にいい曲で、最初に聞いたのはYoutubeだったんですが、聞いてすぐCDを買いに走ってしまいました。余談ですが、今年はSevendustは新Albumも出しだんですが、残念ながらそちらの出来はあまりよくなかったです。

最後に、2008年末のLast.fmのArtist別、Track別のチャートはこうなりました。

Artist

Tracks_2

さて、2009年はどんな曲とめぐり合えるんでしょうか。とりあえず1月末にはHoobastankの新AlbumがReleaseされるみたいですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »