« 2008年7月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年8月 6日 (水)

Winamp5.54

私はPCでMP3を聞くときには、Winampを使ってます。
(大学生の頃からなので、かれこれ10年近く使ってる事になります。)

で、この間ver5.54がリリースされた、という事だったので、Upgradeしたのは良かったんですが... Winampを起動する度にMedia Libraryも自動的に立ち上がるようになってしまいました。

本来、Winampは、プレイヤーのWindow以外にも、Play ListやMedia Libraryを別Windowで出せて、起動時には、前回起動時にそれらのWindowが開いていたかどうかを記憶してくれていました。私の使い方では、PlayerとPlay Listだけ開いて、Media Libraryは閉じていたんです。それが、v5.54からPlay Listに関しては状態を覚えているものの、Media Libraryは自動的に起動してしまうので、はっきりいって邪魔。

で、調べてみた所、別に仕様変更という訳ではなく、日本語版特有のバグらしいです。

なんじゃそりゃ。


とりあえず、英語版に戻してみたところ、Media Libraryが自動的に起動する事はなくなりました。v5.54は、日本語が公式にサポートされるようになった最初の版(だったと思うん)ですが、気になる方はご注意を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

The Dark Knight

先週末、先行上映をやっていたので見てきました。

良かった点:

  • 私はほろ苦いEndingは大好きです!あと、そこにいたるまでのストーリーも素晴らしかったと思います。
  • 今までJokerのイメージは、Tim Burton版でJack Nicholsonが演じたJokerが一番印象的だったのですが、Heath Ledgerはそのイメージに正面から挑んで、見事に彼なりのJokerを成立させています。(ちなみに、2人の比較写真が英語版のWikipediaに載ってました。ここです。)
  • バットモビールかっこいいよ!

悪かった点:

  • Jokerの異常性を強調するためだと思いますが、口元の傷跡と、それに起因して他人の口を引き裂きたがる癖をつけてしまったのはいささか今までのJoker像(残酷さや精神の異常さは感じさせるものの、何に関しても「笑い」に絡めようとする)とちょっと違いすぎる気がします。
  • Two-faceの火傷のある方の顔、あそこまで壊しますか!

追加コメント:

評論家から絶賛されている本作ですが、それだけのものにはなっていると思います。Tim Burton版も雰囲気が暗い事で有名ですが、本作は暗いだけでなく、非常にリアリズムへの拘りが感じられる気がします。(たとえば、現実にBatmanのような存在がいれば、やはりマネをしようとする人間は出てくるでしょうし、もしJokerのような犯罪者が実際に存在するとしたら、やはりTim Burton版のようなJokerより、今回のJokerのような方が居る気がします。とは言えど、今回のJokerは若干「芸術として犯罪をおこす」という点に拘りすぎている気がしないでもないですが) あと、惜しむべきは先日若くして訃報が伝えられたHeath Ledgerですね。私の中で、彼のイメージはA Knight's TaleThe Brothers Grim等の主人公のちょっとヒーローっぽいものだったので、今回Jokerで見せてくれたような演技ができるとは思っていなかったので、もし彼が生きていたら、今後どんな演技を見せてくれていたのかと思います。

あと、余談ですが、Christian Baleって、Batman Beginsの時もあんな低い声でしゃべってましたっけ?

個人評価: 5 (5段階評価 1:時間の無駄~5:Classic)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 2日 (土)

Windows Search(タスクバーからアドレスが消えた! その2)

先日書いたについて続報を...

Windows XPのSP3からアドレスバーがなくなった理由の1つとして、Windows Searchで同等の事が出来ます、という事が上げられています。わざわざインストールしたくないな、と思って使っていなかったんですが、結局Windows Update経由でインストールしてしまいました。

で、使ってみたんですが...

確かにアドレスバーに出来る事は全部できるみたいです。
これなら、わざわざアドレスバーに固執する必要はないですね。

という訳でさっさと乗り換えてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年11月 »