« カスピアン王子のつのぶえ | トップページ | 2008年上半期のLast.fm振り返り »

2008年6月15日 (日)

ザ・マジックアワー

良かった点:

  • かなり笑えました。佐藤浩市の演技もいいんですけど、脚本もいいんでしょう。
  • カメオが豪華です。前作の「The 有頂天ホテル」を見ていると、より楽しめると思います。

悪かった点:

  • 舞台となっている街が、「今時めずらしい古臭い感じの街」という設定だったみたいですが、あえてそうしなければいけなかった理由が良くわかりませんでした。普通にそういう時代の話っていう風にすれば良かった気がするんですが。

追加コメント:
さすが三谷幸喜、という感じの作品でした。私は結構笑いながら見ていましたが、劇場でも私以外にも上映中に笑い声を出して笑っている方が結構いたので、面白いのは間違いないと思います。大分前に、何かの番組で三谷幸喜が、「日本ではあまりはやらないけど、僕はシチュエーショナル・コメディ(Sit Com)を日本で作りたい。」みたいな事を言っていた記憶があるのですが、まさにSit Comでした。前作の「The 有頂天ホテル」よりも面白かったと思います。

個人評価: 4 (5段階評価 1:時間の無駄~5:Classic)

|

« カスピアン王子のつのぶえ | トップページ | 2008年上半期のLast.fm振り返り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165432/41738394

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・マジックアワー:

« カスピアン王子のつのぶえ | トップページ | 2008年上半期のLast.fm振り返り »