« Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street | トップページ | Vantage Point »

2008年3月 2日 (日)

Jumper

公開は来週末からですが、先行上映をやっていたので見てきました。

良かった点:

  • "Jump"は結構かっこ良く見せられていたと思います。
  • その他、Action自体は結構良かったです。

悪かった点:

  • 結構設定自体は魅力的だと思うんですが、その設定を生かしきれていない気がします。例えば、PaladinとJumperの抗争について、本当に最低限の説明しかされません。「その力は神のみに許されるものだ。」だけでPaladinがJumperを追う理由って言われても...ねえ。Samuel L Jacksonのキャラクターが政府の中でどんな力を持っていたのかも謎のまま終わってしまいました。
  • 主人公の行動がアホです。力を使っているうちに、倫理感がおかしくなっている事に気が付いてもいない。また、断られているのに同胞にしつこく協力を求めて付きまとった挙句、最終的にはその同胞裏切っているし。

追加コメント:
予告編では結構面白そうだったんですけどねえ。残念ながらよくある薄っぺらいアクション映画でした。まあ、色々な世界の名所とかが映るのが救い所でしょうか...

個人評価: 2 (5段階評価 1:時間の無駄~5:Classic)

|

« Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street | トップページ | Vantage Point »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165432/40348314

この記事へのトラックバック一覧です: Jumper:

« Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street | トップページ | Vantage Point »