« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

2007年振り返り(映画編)

では、今年1年で見た映画を振り返ってみたいと思います。

今年は20本の映画を見てます。(そのうち16本についてはブログで感想を書いてます。)個人的には、今年の中旬に引越した後、映画を見に行くペースがぐっと落ちたイメージがあったので、実際には2006年よりも見た本数が多いというのはちょっと意外だったりします。で、この中のTop 5はこうなりました。

  1. 赤ひげ
  2. Stranger Than Fiction
  3. The Guardian
  4. 椿三十郎 
  5. Die Hard 4.0

赤ひげは、今更説明はいらないですね。映画史に残る名作ですし。今頃わざわざ「今年の...」なんて書いてしまう事時点ですでにちょっと失礼かもと思ってしまうくらいです。

Stranger Than Fictionは、アイデアが斬新でした。やっぱり、私自身、ふとしたきっかけで中年にさしかかった人間が、自分の人生を見直して、色々やり直すっていう映画が空きなんでしょうね。(現実逃避と笑わば笑え)

The Guardianは、ベタでしたけど結構良かったです。

椿三十郎に関しては、評価自体は高かったんですが、後から思い返した時に上の2つの映画よりもインパクトが弱くなってしまったので、この位置にいます。いい映画ですけどね。

最後に、Casino Royalとどっちにしようかと迷ったんですが、結局笑いそうになるくらいのActionを見せてくれたDie Hardにしました。

さて、2008年は何本の映画を見て、どんな作品に出会う事になるんでしょうか? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »