« 『攻殻S.A.C.』のCD-BOXが登場!未発表音源CD&USBフラッシュメモリ付 | トップページ | ダイ・ハード4.0 »

2007年7月23日 (月)

Transformers

日本では公開はまだですが、先週アメリカに行っていた際に見てきました。

良かった点:

  • 各サイバトロン、デストロンのキャラクターのCGと、アクションは本当にすごいです。特に、アクションは目で追いきれないくらいよく動きます。
  • サイバトロンのキャラクターのユーモアのセンスも悪くなかったです。

悪かった点:

  • どうもわざとやったらしいんですけど、バンブルビーを最初しゃべれなくする必要性は全くなかったのではないかと思います。そういうキャラクターの設定でもないですし。
  • スタースクリームは何時やられてたんでしょうか?F-22にやられたのかな?
  • サイバトロン、デストロンの各キャラに目に見えて結構ダメージが現れます。リアリズムのためだとは思うんですが、原作のイメージを持っていると、ちょっと違和感を感じました。

追加コメント:
公開前からCGが話題になっていた本作ですが、その点に関しては、期待を裏切らない出来になっています。ストーリーも悪くはないです(まあ、結構単純ですが)。そういう意味でも、安心して見れるアクション映画ではないかと思います。あと、この映画、有名な俳優は殆ど出てきません。一番有名なのは、国防長官をやっていたJon Voightくらいじゃないでしょうか。ちょい役で見た事がある俳優は結構出ていますが。

あと、英語版のTransformersを見た事がある方にしかわからないと思いますが、アニメ版でコンボイ(Optimus Prime)の声をやっていた声優の方が、この映画でもコンボイの声を当てています。どうりで聞いた事のある声だと思った。ちなみに、日本語の吹き替え版では、日本語版でコンボイの声をやっていた玄田哲章さんが声を当てるそうです。

個人評価: 3 (5段階評価 1:時間の無駄~5:Classic)

|

« 『攻殻S.A.C.』のCD-BOXが登場!未発表音源CD&USBフラッシュメモリ付 | トップページ | ダイ・ハード4.0 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165432/15851159

この記事へのトラックバック一覧です: Transformers:

« 『攻殻S.A.C.』のCD-BOXが登場!未発表音源CD&USBフラッシュメモリ付 | トップページ | ダイ・ハード4.0 »