« 第二回全国一斉!日本語テスト | トップページ | 中国:新幹線が営業運転開始 »

2007年1月21日 (日)

硫黄島からの手紙

リンク: 公式ホームページ

今年1本目に見たのはやはりこの映画でした。本当は、1本目に見るにしては重すぎはしないかとも思ったんですが、そんな事言ってると公開終わっちゃいそうだったので。

さて、父親たちの星条旗は素晴らしい出来でしたが、硫黄島2部作後編、しかも日本側からの視点で描かれた本作はどうだったのかといいますと... 

やはり、外国人の監督が取ったとは思えないほど、当時の日本人の事をよく調べて描いていると思います。にも関わらず、残念ながら前作程のインパクトはない気がしました。前作に比べて、何となく淡々と話が進んでいっている気がするんですよね。(もしかすると、前作は、映画を観る段階では話の結論が見えていなかったのですが、今作はどう頑張っても話の終わり方が見えている、という点からくる違いなのかも知れません)

とは言えど、日本軍指令部での内紛、赤痢や虫に苦しむ日本兵達、一部のアメリカ兵の暴虐、そして誰が生き残るか、等、どの視点にも偏らずに「人」を描いている所は相変わらず見事だと思います。最初、語り手である西郷が、やけに現代的な視点に近い意見を持っている辺りに若干違和感を覚えて、やはりアメリカ映画っぽいなと思っていましたが、話が進むにつれ、なぜ彼がそのような視点を持つに至ったかもちゃんと説明されます。ただ、個人的には生き残っちゃったのはどうかと... また、伊藤中尉にも以外な結末が待っていました。(ある意味、中村獅童が演じるキャラらしいといえばらしいかも知れません。)

ちなみに、前作ででも思った事なんですが、この映画、カラーで撮ってるはずなのに、話が進むにつれて、まるど白黒の映画を見ているような感覚に陥りました。これも、何か戦争というがどういうものなのか、というのを表現するための意図的なものを感じます。

とりあえず、私としては、「父親たちの星条旗」を見て、気に入った方は必見かと。

個人評価: 3 (5段階評価 1:時間の無駄~5:Classic)

|

« 第二回全国一斉!日本語テスト | トップページ | 中国:新幹線が営業運転開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165432/13699703

この記事へのトラックバック一覧です: 硫黄島からの手紙:

« 第二回全国一斉!日本語テスト | トップページ | 中国:新幹線が営業運転開始 »