« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月31日 (水)

クロスボーンガンダム

さて、MGのクロスボーン・ガンダムX1フルクロスが発売されて、プラモデル等を扱っている系のブログのあちこちで、「まるでネオアメリカの某ガンダムみたい。」という感想がちらほら見られます。それに触発された訳でもないんですが、「機動戦士クロスボーンガンダム 鋼鉄の7人」の1巻を買ってしまいました。(本当は、去年発売になると聞いて、買おうと思っていたのを今まで忘れていただけです...)

一応ご存知のない方のために、Wikipediaでも紹介しておきましょう。
Wikipedia - 機動戦士クロスボーンガンダム

で、感想としては、掴みはOK、ってとこでしょうか。前作と違って、富野監督は関わっていないみたいですが。それにしてもVガンダムで出てくる(と思われる)キャラや技術がカメオで登場しているのがいいですね。(あのキャラは多分ウッソの母親だよなあ...) 残念ながら、フルクロスは表紙以外では登場しないんですが、レコードブレイカーはかっこ良かったとおもいます。撃墜されちゃうけど。

まだ連載中らしいので、次巻以降が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月30日 (火)

中国:新幹線が営業運転開始

比較的短期間の間に中国ネタですが...

リンク: 中国:新幹線が営業運転開始「日本の技術」は隠す-アフリカ・オセアニア:MSN毎日インタラクティブ.

この新幹線のニュース自体は、テレビで28日の時点で流れていて、どうも変だと思ったんですが、これで納得がいきました。変だな、と思ったのは、私は中国語はわかりませんので、本当は何といってのかはわからないんですが、少なくともNHKのニュースの字幕では、乗客の人が「これで中国の列車技術も国際社会に追いついた。」って喜んでいたところです。いやいや、見た目そのまんま日本の新幹線なんですが。 一応日中の合弁会社が作ったらしいですけど、これ多分殆ど新幹線そのまんまだと思いますよ。

ちなみに、その時のニュースによると、この新幹線、予定より5分早く終点についたらしいです。運用ノウハウまでは勉強しなかったみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年1月21日 (日)

硫黄島からの手紙

リンク: 公式ホームページ

今年1本目に見たのはやはりこの映画でした。本当は、1本目に見るにしては重すぎはしないかとも思ったんですが、そんな事言ってると公開終わっちゃいそうだったので。

さて、父親たちの星条旗は素晴らしい出来でしたが、硫黄島2部作後編、しかも日本側からの視点で描かれた本作はどうだったのかといいますと... 

やはり、外国人の監督が取ったとは思えないほど、当時の日本人の事をよく調べて描いていると思います。にも関わらず、残念ながら前作程のインパクトはない気がしました。前作に比べて、何となく淡々と話が進んでいっている気がするんですよね。(もしかすると、前作は、映画を観る段階では話の結論が見えていなかったのですが、今作はどう頑張っても話の終わり方が見えている、という点からくる違いなのかも知れません)

とは言えど、日本軍指令部での内紛、赤痢や虫に苦しむ日本兵達、一部のアメリカ兵の暴虐、そして誰が生き残るか、等、どの視点にも偏らずに「人」を描いている所は相変わらず見事だと思います。最初、語り手である西郷が、やけに現代的な視点に近い意見を持っている辺りに若干違和感を覚えて、やはりアメリカ映画っぽいなと思っていましたが、話が進むにつれ、なぜ彼がそのような視点を持つに至ったかもちゃんと説明されます。ただ、個人的には生き残っちゃったのはどうかと... また、伊藤中尉にも以外な結末が待っていました。(ある意味、中村獅童が演じるキャラらしいといえばらしいかも知れません。)

ちなみに、前作ででも思った事なんですが、この映画、カラーで撮ってるはずなのに、話が進むにつれて、まるど白黒の映画を見ているような感覚に陥りました。これも、何か戦争というがどういうものなのか、というのを表現するための意図的なものを感じます。

とりあえず、私としては、「父親たちの星条旗」を見て、気に入った方は必見かと。

個人評価: 3 (5段階評価 1:時間の無駄~5:Classic)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月19日 (金)

第二回全国一斉!日本語テスト

リンク: ATOK & 一太郎 presents 第二回全国一斉!日本語テスト.

以前1回目がそれなりに話題になっていたので、やってみました。ちなみに、第1回の問題もできるようになっています。

第1回 - 54点
第2回 - 68点

第1回の点数は平均点を下回ってしまいましたが、第2回では上回る事ができました。ただ、敬語の知識がまだまだのようです。

気になる方はやってみてはいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

中国が弾道ミサイルでの衛星破壊実験に成功

何というか、ある意味中国らしい大雑把な行為ですが...

リンク: Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 中国が弾道ミサイルでの衛星破壊実験に成功.

とりあえず、この実験考えた人は「プラネテス」見て出直していただきたいです。宇宙の開発に携わろうという人間が、ケスラーシンドローム知らないでしょうか?

Wikipedia - ケスラーシンドローム

あ、そうそう、宇宙に興味がない方でも、プラネテスのアニメは非常に良くできているので、(特に会社員の人とかにも)お勧めです。たまにNHKで再放送されてますので、見てみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月17日 (水)

「歩くような速さで」店頭映像

さて、いよいよ発売が明日に迫った.hack//G.U.の最終章ですが、公式HPで店頭映像が公開されています。

リンク: .hack//G.U..

と言っても、私は初めてみたんですが、いい感じです。どう締めくくってくれるのか、非常に期待しております。

で、当然予約までしてる訳ですが、Amazonで頼んじゃったので、どうも受け取りは明後日になりそうです...残念!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »