« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

2006年振り返り(音楽編)

さて、2006年の振り返りの最後は音楽についてです。

今年は33枚のCDを買いました。それらのTop 5はこんな感じです。

  1. JAM Project - Olympia
  2. 菅野よう子 - 攻殻機動隊Stand Alone Complex: Solid State Society O.S.T
  3. My Chemical Romance - The Black Parade
  4. The Red Jumpsuit Appratus - Don't You Fake It
  5. The Panic Division - Versus

Olympiaここでも紹介しましたので、そちらをご参照いただきたいのですが、やはり未来への咆哮が入っているのが大きいですね。

Solid State SocietyのO.S.Tについては、下記にもあるとおり、2006年の私のLast.fmのOverallのTop2(ReplicaPlayer)がこのアルバムから出ているのを見れば充分かと思います。それ以外にも、solid state societysniper's themeとか、human stepも良かったです。

The Black Parade は、実際のところ洋楽のアルバムとしては異様に売れたらしいですね。ただ、私としてはシングルカットされたWelcome to the Black Parade(も面白い曲ですが)よりも、他の曲(Disenchantedとか、Famous Last Words)の方が気に入りました。

さて、1年に1つくらいは、今まで知らなかったいいバンドに出会うもんですが、今年はThe Red Jumpsuit Appratusがそうでした。新人の彼らですが、Billboardのチャートでも結構頑張っているみたいです。

The Panic Division も今年初めて聞いたのですが、結構良かったと思います。ただ、残念なのは、基本的に曲の感じは好きだったんですけど、アルバム内の曲が似通った曲ばかりだったのが... もう少しバリエーションが欲しかったところです。

あと特筆するべきは、哀戦士 ZxRでしょうか。コンセプトとしては面白いアルバムでした。

最後に、10月から開始したので、かなり中途半端になってしまいましたが、Last.fmによる私の2006年のPlaylistのTop 5はこんな感じになりました。

Ilaria Graziano – Replica
Origa with Heartsdales – Player
My Chemical Romance – Disenchanted
Gabriela Robin – トルキア
My Chemical Romance – Famous Last Words

さて、2007年はどんな曲にめぐり合うのか?現時点で見えているのは、SevendustのAlphaだけですが、他のbandや新たな新人にも期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年振り返り(ゲーム編)

では、今年1年を自分がやったゲームで振り返ってみたいと思います。

今年私がやったゲームは15本。そのうち、クリアしたものが7本終わりがないものが2本です。ただ、昨年までと比べて、PCゲームの割合が減ってます。

一応ジャンル毎に今年一番良かったゲームを上げていくと...

  • Sports/Race - 2006 FIFA World Cup(PC)
  • Puzzle - Meteos Online
  • Simulation - Starlancer
  • RPG - .hack//G.U. Vol.1 再誕
  • FPS - 該当なし

Sports部門は、時事ニュース的にもやはりWorld Cupにちなんだゲームでしょう!わざわざ秋葉原まで買いに行ったし。ゲーム中ではRaulとTorresにはお世話になりました。ちなみに、次点はマリオカートDSですが、これも非常に面白かったので、それにも一言触れておきます。

Puzzle部門はMeteos Onlineです。ITMediaの紹介記事をきっかけに先月から始めましたが、1ゲームにかかる時間も短いので、結構頻繁にやってます。アイテム課金性なので、殆どタダですので、興味のある方はやってみてはいかがでしょうか?

Simulationでは、Starlancerです。実は、このゲーム、発売されたのは2000年なので、今更なにやってるのやら、という感じがしないでもないのですが。でも、私はSpace Simulationっていうジャンルが好きなんです。残念ながら、近年は殆ど死に絶えてしまっているのは、残念な限りです。最後の2つのミッションのクリア条件が厳しかったのと、一部のミッションでゲームがCrashしまくったせいで、随分と手間取りましたが、今となってはいい思い出(?)です。ちなみに、今年やったSimulationのゲームはこれ1本...

さて、最後にRPG部門は、間違いなく.hack//G.U. Vol.1です。本当は最初はあんまりやるつもりなかったんですけど、Promotion用の映像見てちょっとやる気を起こしたら、結構引き込まれました。結果として、あんなに集中してやる事になるとは... あの「連撃!」の声が忘れられません。ただ、少し残念だったのは、Vol.2の出来ですね。ストーリーの展開や、システム自体にはそんなに不満はないのですが、話がまたもアリーナを軸に動いたり、mini questが基本的にVol.1の焼き直しだったりしたのが... もうちょっと進化しておいて欲しかったです。とは言えど、すでにVol.3予約してたりするんですが。

ちなみに、なぜFPSは該当なしかというと、単にやってないからです。Deus Exがうちの2台のPCのどちらでも動かなかったのが痛いですね。

さて、来年はどんなゲームとめぐり会うのか?はたまたいくつ積みゲーを消化できるのか(笑)? 色々楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年振り返り(映画編)

では、今年1年で見た映画を振り返ってみたいと思います。

今年は16本の映画を見てます。(そのうち13本についてはブログで感想を書いてます。)2005年の25本に比べると、大分減りました。この中でのTop 5はこうなりました。まあ、感想の後に付けた点数からしても、ある程度見えている結果だとは思いますが。

  1. Hotel Rwanda
  2. ライオンと魔女
  3. 父親たちの星条旗
  4. Goal!
  5. 時をかける少女

Hotel Rwandaは、感想に書いている事が全てです。観て良かったという意味で、間違いなくこれが2006年で一番の映画だったと思います。

ライオンと魔女は、そもそも私が結構思い入れのある原作を、予想を上回る出来で映画化した、という事で2番目に入れました。ただ、原作への思い入れ、という点がなければ、父親たちの星条旗が2番に入っていたでしょう。こちらも素晴らしい作品でした。

4番目にやっとアクション映画が入ってきました。2006年に見たアクション映画の中で、一番気に入ったのはGoal!でした。まあ、これはWorld Cup + サッカー補正という事で。

で、5番目は時をかける少女です。これは感想を書こうと思いつつ書きそびれてしまいました。これはアニメ映画ですが、ガンダム補正のかかったZガンダム IIIよりも、完成度が高かったので、こちらにする事にしました。(Zガンダムには、総集編のハンデというか、ちょっとカタルシスに欠けるものがあったのが惜しいところです。)

さて、2007年は何本の映画を見て、どんな作品に出会う事になるんでしょうか? 

早いところ硫黄島からの手紙を見に行きたいなと思っているんですが、ちょっと新年一発目にしては重いかなあというのが悩んでいるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年振り返り(アニメ編)

さて、今度はアニメ編です。

今年も星の数程?のアニメが作られては消えていきました。まだ完結していないものと映画を除外して、私の中で今年のよかったアニメTOP5(くらいにしとかないときりがないので)をリストアップすると、次のようになりました。

  1. 攻殻機動隊 S.A.C. - Solid State Society
  2. xxxHOLiC
  3. ZEGAPAIN -ゼーガペイン-
  4. 吉永さん家のガーゴイル
  5. よみがえる空 -RESCUE WINGS-

「攻殻機動隊」は、発表があった時から記事にしていましたが、実際期待どおりの出来でした。ストーリー、アニメーション、音楽全てにおいて、私の中では文句なしに今年一番の出来です。

「xxxHOLiC」は最初見ていなかったんですが、その事を非常に後悔する事になりました。若干不気味さを残しつつも、日常と幻想が入り混じっていて、かつどこかほのぼのしているストーリーが良かったです。原作がCLAMPなので頭身が無茶苦茶なのはご愛嬌。

「ZEGAPAIN」は最近では残念ながら珍しくなってしまったロボット物ですが、序盤はだれたものの、中盤から面白くなりました。まあ、設定がMatrixに非常に似ているのが気になりますが、しっかりまとまっていてよかったのではないかと。ただ、もうちょっと戦闘シーンは派手にやってほしかったかも...

「吉永さん家のガーゴイル」はガーゴイルを若本規夫さんが演じる、という事で見ていたのですが、ストーリーも非常に良かったと思います。色々なところで、「これは夕方に流してもよかったのでは?」というコメントを見ましたが、全く同感です。これは普通に夕方に流しても全く問題ない内容でした。

最後に、「よみがえる空」ですが、世間では「海猿」で海上自衛隊のダイバーが人気になったみたいですが、これは航空自衛隊の救難ヘリのパイロットの話でした。とことん地味な作りでしたが、そこがこの作品の一番の魅力でした。メロドラマチックな部分は最小限に抑えて、映像としても人間のドラマとしてもとてもリアルな作りになっていました。不満がったとすると、自衛隊員の髪がちょっと長すぎたのと、登場人物のキャラクターデザインがあまり描き分けられてなかった事くらいでしょうか。

これら以外にも、ある意味はっちゃけてた「舞乙姫」、しっかりと話をまとめた「Solty Rei」、ロベルタにつきる「Black Lagoon」なんかが良かったと思います。あと、「うたわれるもの」も...

さあ、来年はどんな作品がでてくるか... とりあえずは、「地獄少女 二籠」と、「コードギアス 反逆のルルーシュ」がどうなるかに注目する予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

ぬかった...

先週途中に、Last.fmのクライアントがUpdateされたんですが、その時にFirewallの設定がおかしくなっていたみたいで、12/21から今日までの結果がScrobbleされなかったみたいです。

む~...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月20日 (水)

Alpha

リンク: アトランタ発のヘヴィー・ロック・バンド、SEVENDUSTがニュー・アルバム『ALPHA』を2007年3月にリリース - bounce.com [ニュース].

おお!そろそろ次のアルバムが来る頃じゃないかと思ってたんです!
とりあえず、来年の3月が待ち遠しいです。

ちなみに、彼らのmyspaceのページで新曲が聴けますので、興味のある方は是非。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 9日 (土)

アルスラーンの帰還?

笑われるかも知れませんが、私の性格を構成する上において、一番影響が大きかったのは「アルスラーン戦記」シリーズだったのではないかと自分では思っています。このシリーズから、私は田中芳樹のファンになりました。

で、ご存知の方はご存知と思いますが、このシリーズ、第一巻が出版されたのは1986年。全14巻、第1部、第2部それぞれ各7巻として計画されていました。ですが、第一部は予定どおり8巻で完結したものの、現時点で11巻までしか出ていませんでした。というのも、田中芳樹という作家は遅筆と未完のシリーズが多い事で有名で... 最初は半年とか1年で続刊を出していたんですが、10巻と11巻の間は実に13年の月日が流れていました。その間に出版社も変わり、挿絵の画家も変わり、という出来事まであったわけです。

さて、そんな調子だったので、次が出るのはいつになるやら、と思っていたら、12巻が今日
本屋に並んでいたので早速買いました。1年ですか!まあ、ファンとしては嬉しい限りです。カバーのご本人からの一言を見る限り、順調に進みだしたみたいなので、田中先生にはこのペースで、シリーズを完結していただきたいです。

しかし、相変わらずWikipediaは仕事が早いですね。

12巻「アルスラーン戦記~暗黒神殿~」が2006年12月7日に刊行された。今回は読者も疑心暗鬼に陥った程、通常よりかなり早いペースの刊行である。

だそうです。

あと、奇遇ながら、今年3年ぶりに単行本が出たファイブスター物語も、同じく1986年に連載開始だったんですね。(こちらも連載がよく途切れて話がなかなか進まないのでファン泣かせで有名な作品です。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 8日 (金)

PCを分解するには

先日、会社の先輩が使っていたDynabookの調子が悪くなった、という事で、HDDを抜き出す必要がありました。が、(ご存知の方はご存知と思いますが)特に国内メーカのノートPCの中身、というのは(薄くかつ頑丈にするために設計に色々と苦労はされていると思うんですが)あまりHDDの換装とかを手軽にできるような設計になっていないんですねえ。そんな時、見つけたのがこのサイト。

リンク: 分解web.

これはすごいです。殆どのメーカのPCで、HDDがどこにあって、どうやったら取り出せるのか、というのが写真付きで説明してあります。

興味のある方は是非一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 1日 (金)

大人の対応、もしくは炎上させる事なく謝罪する方法

さて、一時はVaporwareとまで呼ばれたWindows Vistaが、ついに企業向けに提供され始めたというニュースが流れています。その傍らで、こんなネタもありました。

リンク: 痛いニュース(ノ∀`):元MS副社長の古川氏、2chのVista WikiをMS公式サイトと勘違いし激怒.

で、これにはさらに後日談が...

上記で、すぐに訂正の記事を書いて一気に株を上げた古川さんでしたが、その後に受けたコメントのために元々書いた記事を「ネタ」としてアップされています。また、それに付属するコメントで、もともとWikiにネタとして古川さんの真似をして書かれていたコメントが削除されているのを残念がっています。

いや~、さすがです。この方のブログの他の記事もちょっと拝見しましたが、すごくバイタリティ溢れる方みたいです。いい大人としては、これくらいの心の余裕を持った対応が出来るようになりたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »