« 2006年振り返り(ゲーム編) | トップページ | 「歩くような速さで」店頭映像 »

2006年12月31日 (日)

2006年振り返り(音楽編)

さて、2006年の振り返りの最後は音楽についてです。

今年は33枚のCDを買いました。それらのTop 5はこんな感じです。

  1. JAM Project - Olympia
  2. 菅野よう子 - 攻殻機動隊Stand Alone Complex: Solid State Society O.S.T
  3. My Chemical Romance - The Black Parade
  4. The Red Jumpsuit Appratus - Don't You Fake It
  5. The Panic Division - Versus

Olympiaここでも紹介しましたので、そちらをご参照いただきたいのですが、やはり未来への咆哮が入っているのが大きいですね。

Solid State SocietyのO.S.Tについては、下記にもあるとおり、2006年の私のLast.fmのOverallのTop2(ReplicaPlayer)がこのアルバムから出ているのを見れば充分かと思います。それ以外にも、solid state societysniper's themeとか、human stepも良かったです。

The Black Parade は、実際のところ洋楽のアルバムとしては異様に売れたらしいですね。ただ、私としてはシングルカットされたWelcome to the Black Parade(も面白い曲ですが)よりも、他の曲(Disenchantedとか、Famous Last Words)の方が気に入りました。

さて、1年に1つくらいは、今まで知らなかったいいバンドに出会うもんですが、今年はThe Red Jumpsuit Appratusがそうでした。新人の彼らですが、Billboardのチャートでも結構頑張っているみたいです。

The Panic Division も今年初めて聞いたのですが、結構良かったと思います。ただ、残念なのは、基本的に曲の感じは好きだったんですけど、アルバム内の曲が似通った曲ばかりだったのが... もう少しバリエーションが欲しかったところです。

あと特筆するべきは、哀戦士 ZxRでしょうか。コンセプトとしては面白いアルバムでした。

最後に、10月から開始したので、かなり中途半端になってしまいましたが、Last.fmによる私の2006年のPlaylistのTop 5はこんな感じになりました。

Ilaria Graziano – Replica
Origa with Heartsdales – Player
My Chemical Romance – Disenchanted
Gabriela Robin – トルキア
My Chemical Romance – Famous Last Words

さて、2007年はどんな曲にめぐり合うのか?現時点で見えているのは、SevendustのAlphaだけですが、他のbandや新たな新人にも期待したいと思います。

|

« 2006年振り返り(ゲーム編) | トップページ | 「歩くような速さで」店頭映像 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165432/13356044

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年振り返り(音楽編):

« 2006年振り返り(ゲーム編) | トップページ | 「歩くような速さで」店頭映像 »