« オーストリア→オーストリー? | トップページ | GOAL!2公開延期 »

2006年11月19日 (日)

父親たちの星条旗、またはFlags of Our Fathers

リンク:公式ホームページ

クリント・イーストウッド監督による硫黄島2部作の第一作です。
日本では日本側の視点から描かれて、かつ渡辺謙や二宮和也、中村獅童が出演する第二作の方が注目されそうですが、ぜひこちらも見ていただきたいですね。というのも、この映画は、アメリカ側から見た硫黄島作戦、という事よりも、硫黄島作戦後のアメリカ本土での出来事に注目していて、あの有名な硫黄島にアメリカ国旗を立てようとしているアメリカ兵達が、その事によってどのような人生を歩んだか、と言う事に注目しています。

もっとも、硫黄島作戦中の戦闘シーンもFlashbackという形で何度も出てきます。かなり残酷な映像ですが、戦争を描いている映画なのでしょうがないですね。

とはいえど、この映画はドラマとしてとてもよく出来ていると思います。そもそも、全体的に「戦争において、ヒーローなんていない」という前提で、とてもストイックな視点から描かれています。なので、ハリウッド映画にありがちな、アメリカ寄りな雰囲気は全くありません。(むしろ、アメリカ兵を、本人の意思とは別にヒーローに祭り上げた事に対して批判的ですらあります。また、なぜ彼らが自らの意思とは違うイメージを受け入れたのか、そしてその判断が彼らを蝕んでいく様もしっかり描かれています。また、日本兵は暗闇から襲い掛かってくるところと、手榴弾で自殺した後の死体でしか登場しませんので、イメージも何もないですが、これは第二作に向けた布石かと思います)そういう意味では、戦争のもつ業(って言うんですかね)が良く描かれているのではないでしょうか。

あと、個人的に印象に残っているシーンがあります。アメリカ軍が硫黄島に向かう最中に、アメリカの飛行機が彼らの船を追い越していくのですが、それを見ていたアメリカ兵の1人が、誤って船から落ちてしまいます。最初、彼の仲間達は、彼を冷やかしているのですが、船が全く止まろうとしない事に、彼らが持っていた「アメリカ軍は仲間を見捨てない」というイメージが誤っている事を思い知らされる、という所です。あと、一般的に、太平洋戦争においては、アメリカが完全に物量で勝っていた、というイメージがあるんですが、実はそうでもなかった、という点も、私には興味深かったですね。

テーマがテーマだけに見てて楽しくなる映画という訳ではありませんが、重厚な人間ドラマが見たい方には是非お勧めしたいと思います。

個人評価: 4 (5段階評価 1:時間の無駄~5:Classic)

ちなみに、私は第二作も見に行こうと思っています。第一作をここまでストイックな作りにした事を踏まえた上で、クリント・イーストウッドが日本兵をどのように描くのか、非常に興味がありますので...

|

« オーストリア→オーストリー? | トップページ | GOAL!2公開延期 »

コメント

こんにちは。
TBありがとうございました。

船から落ちた兵士のシーンは印象的でしたね。あれも「硫黄島からの手紙」の日本軍と対比があるのかも・・・と思っています。
この映画はほかにも印象的なシーンが多く、アメリカの謳う正義の戦争について真っ向から非難しているように思えました。
戦争映画は苦手ですが、「硫黄島からの手紙」も見に行きます。

投稿: Nolly Chang | 2006年11月22日 (水) 01時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165432/12746770

この記事へのトラックバック一覧です: 父親たちの星条旗、またはFlags of Our Fathers:

» 映画「父親たちの星条旗」 [オレンジの太陽]
戦争映画は苦手だ。みていてつらいから。 我がままで横柄だと言われようと、私は今、 [続きを読む]

受信: 2006年11月22日 (水) 00時57分

« オーストリア→オーストリー? | トップページ | GOAL!2公開延期 »