« Wii発売日と価格が決定 | トップページ | 9/11の週のプレイリスト »

2006年9月17日 (日)

ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT、もしくはThe Fast and the Furious: Tokyo Drift

リンク: ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT.

今週公開になった作品です。全2作を見ていて、そんなに悪くないと思ったので見てきました。

ストーリーを簡単に要約すると、レースがらみで逮捕されかけているアメリカの高校生が、父親を頼って日本へやってくるのですが、そこで彼のいままで知らなかったスタイルのレースにめぐりあい、かなり薄暗い世界で生きていく話です。

...なんですが、わざわざシリーズの第3作と位置づける必要があったのかなあ、というのが正直な感想です。確かに前2作と同様、Street Raceに関する話ではありますし、組織犯罪に絡む事になるのも前2作と同じですが、それ以外は一番最後のカメオ出演する人物を除き、前2作と全く関係ありません。

カメオ出演という点では、この作品は意外に豪華です。Wikipediaで本作を検索していただけるとわかりますが、妻夫木聡(彼の場合、大分前にこの作品に登場している事がニュースに出ましたね)以外にも、柴田理恵、Konishiki、千葉真一などが出演してます。あと、カメオってわけではないんですが、一番最初に主人公とレースをやる金持ちのお坊ちゃん役の役者って、海外ドラマの"Home Improvement"でBrad役やってた人ですね。

あと、海外の映画でありがちな、日本人から見てもおかしい日本の描き方は殆どなかったんじゃないかと思います。強いていえば、主人公が日本に初めてたどり着いた時に成田から自宅の近くまでタクシー使ってた事とか(高いよ!)、父親の家がやけにしょぼかったりとか、いくら軍人だとはいえ父親が自宅に銃を置いている事、くらいだったんじゃないかなあと思います。

前2作を見ている方には大体予測はつくと思いますが、この映画はストリートレースの場面を楽しむ映画であり、ドラマ性にはあまり期待しない方がいいでしょう。私としては、この映画はそれらレースシーンと、あと日本人にしかできない楽しみ方として、カメオとして登場する日本人がどのような役を演じているか、ニヤニヤしながら探すのが正しい楽しみ方だと思います。

個人評価: 2 (5段階評価 1:時間の無駄~5:Classic)

|

« Wii発売日と価格が決定 | トップページ | 9/11の週のプレイリスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165432/11930723

この記事へのトラックバック一覧です: ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT、もしくはThe Fast and the Furious: Tokyo Drift:

« Wii発売日と価格が決定 | トップページ | 9/11の週のプレイリスト »