« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月26日 (火)

9/18の週のプレイリスト

さて、ちょっと遅れましたが今週のPlaylistの状況はこんな感じです。

(順位)-(回数)-(Artist)-(曲名)-(先週との比較)

1. (26) Gabriela Robin - トルキア (+)
2. (23) Trapt - Waiting (-)
2. (23) AKINO - 荒野のヒース (-)
2. (23) JAM Project - 未来への咆哮 (-)
2. (23) 影山ヒロノブ - Vanishing Trooper (-)
6. (22) Staind - Right Here (-)
7. (21) JAM Project - 迷宮のプリズナー (+)
8. (19) lisa - Time Is On My Side (-)
9. (18) クロマメ - ASH TO ASH (↑)
10. (17) Sevendust - Hero (↑)
10. (17) K.M.F.D.M - New American Century (-)
10. (17) TRUSTCompany - Slave (-)
10. (17) クロマメ - フラッパーガール ver1.01 (-)

ちょっと今週は疲れてるので、個別の紹介はパスって事で...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月22日 (金)

X-MEN Final Decision、もしくはThe Last Stand

リンク: X-MEN Final Decision.(日本語)

リンク: X-MEN The Last Stand (英語)

こちらも、先週のTokyo Drift同様、前2作を見ていて、かつ結構気に入っていたので、見に行ってきました。

本作は、過去の話を若干交えつつ、第2作が終わってから殆ど時間がたっていない所から話が始まります。予告やCMをご覧になった方は、この映画が普通の人間と、ミュータント達の戦争の話で、その間にX-MEN達の華麗なアクションシーンの入ったアクション映画だと思うと思います。

...が、実はメインの話はそっちじゃないんですね、これが。私は、昔X-MENのアニメを見ていた事があったので、そもそも第2作の最後で、Jean Greyが水に飲みこまれるシーンで赤く輝いていたので、「ああ、次はPhoenixの話をやるんだな」という予想はしていました。確かに予想どおり、本作はPhoenixの話がメインです。ただし、原作とはいろいろな意味で変わっています。例えば、序盤のうちに、今まで出ていたメジャーなキャラクターが2人死にます。私はこの展開にはびっくりしました。まあ、1人は肉体を失う、と言った方が正確かも知れませんが...

(ちなみに、原作のコミックではPhoenixの話はどんなだったかに興味がある方はこちらをどうぞ。英語ですけど。 )

まあ、あまり書くとネタバレしすぎる気がしますので、ストーリーについてはこれくらいにしておきましょう。ただ、この映画の結末はウルバリン的にはバッドエンドなんじゃないかなあと思いますが、そこがいい!こんなメジャーな映画で、バッドエンドをやってくれるなんて、素敵です。

まあ、あえて不満点を述べるとすると...第2作で出てきたNightcrawlerが全く出てこなかった事ですかね。さっさとBerlinに帰っちゃったっていう事なのかな?

アクションもなかなかかっこいいですし、ストーリーも結構面白いです。なので、前2作を見た方は間違いなく楽しめるでしょう。あと、映画でご覧になる方は、Creditが終わるまで席を立たない事をお勧めします。

個人評価: 4 (5段階評価 1:時間の無駄~5:Classic)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

9/11の週のプレイリスト

さて、今週のPlaylistの状況はこんな感じです。

(順位)-(回数)-(Artist)-(曲名)-(先週との比較)

1. (25) Gabriela Robin - トルキア (-)
2. (23) Trapt - Waiting (↑)
2. (23) AKINO - 荒野のヒース (-)
2. (23) JAM Project - 未来への咆哮 (-)
2. (23) 影山ヒロノブ - Vanishing Trooper (-)
6. (22) Staind - Right Here (-)
7. (20) JAM Project - 迷宮のプリズナー (-)
8. (19) lisa - Time Is On My Side (-)
9. (17) K.M.F.D.M - New American Century (-)
9. (17) TRUSTCompany - Slave (-)
9. (17) クロマメ - ASH TO ASH (-)
9. (17) クロマメ - フラッパーガール ver1.01 (-)

今回順位に変更があったのは、「Waiting」のみですね。という訳で、今週は、この曲が収録されている、Traptの「Someone in Control」についてふれようと思います。

私がTraptを知ったのは、インターネットラジオだったと思います。で、彼らのFirst Albumを買ったんですが、まあまあでした。で、Someone in Control は2nd Albumなんですが、First Albumよりもかなり良くなったと思います。収録曲の中では、疾走感という点で、やはり”Waiting”が一番いいと思いますが、それ以外にも:

  • Disconnected(Out of Touch)
  • Stand Up
  • Lost Realist
  • Skin Deep
  • Influence
  • Repeat Offender
  • Product of My Own Design

とかが結構好きです。Album自体の収録曲11曲のうち、7曲も気に入るっていうのはなかなかないです。それもあって、個人的には、去年買ったCDの中では、このCDが一番良かったと思ってます。

さて、今週はどうなるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月17日 (日)

ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT、もしくはThe Fast and the Furious: Tokyo Drift

リンク: ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT.

今週公開になった作品です。全2作を見ていて、そんなに悪くないと思ったので見てきました。

ストーリーを簡単に要約すると、レースがらみで逮捕されかけているアメリカの高校生が、父親を頼って日本へやってくるのですが、そこで彼のいままで知らなかったスタイルのレースにめぐりあい、かなり薄暗い世界で生きていく話です。

...なんですが、わざわざシリーズの第3作と位置づける必要があったのかなあ、というのが正直な感想です。確かに前2作と同様、Street Raceに関する話ではありますし、組織犯罪に絡む事になるのも前2作と同じですが、それ以外は一番最後のカメオ出演する人物を除き、前2作と全く関係ありません。

カメオ出演という点では、この作品は意外に豪華です。Wikipediaで本作を検索していただけるとわかりますが、妻夫木聡(彼の場合、大分前にこの作品に登場している事がニュースに出ましたね)以外にも、柴田理恵、Konishiki、千葉真一などが出演してます。あと、カメオってわけではないんですが、一番最初に主人公とレースをやる金持ちのお坊ちゃん役の役者って、海外ドラマの"Home Improvement"でBrad役やってた人ですね。

あと、海外の映画でありがちな、日本人から見てもおかしい日本の描き方は殆どなかったんじゃないかと思います。強いていえば、主人公が日本に初めてたどり着いた時に成田から自宅の近くまでタクシー使ってた事とか(高いよ!)、父親の家がやけにしょぼかったりとか、いくら軍人だとはいえ父親が自宅に銃を置いている事、くらいだったんじゃないかなあと思います。

前2作を見ている方には大体予測はつくと思いますが、この映画はストリートレースの場面を楽しむ映画であり、ドラマ性にはあまり期待しない方がいいでしょう。私としては、この映画はそれらレースシーンと、あと日本人にしかできない楽しみ方として、カメオとして登場する日本人がどのような役を演じているか、ニヤニヤしながら探すのが正しい楽しみ方だと思います。

個人評価: 2 (5段階評価 1:時間の無駄~5:Classic)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月16日 (土)

Wii発売日と価格が決定

リンク: ITmedia  D Games:ついにWii発売日と価格が決定――「Wii Preview」速報

リンク: ITmedia +D Games:Wii、北米での発売日は11月19日――価格は249.99ドル

ついにWiiの発売日と値段が発表されました。日本での発売は12月2日ですか。どうしようかなあ。多分いずれ買うのは間違いないと思うんですが、予約入れてまで買うかはちょっと決めかねてます。

ちなみに、最初「何で北米の方が早いんだろう?」と若干疑問に思ったんですが、(任天堂にとって)大事な事があるのを思い出しました。アメリカではクリスマスプレゼント向け商戦がピークを迎えるのは11月下旬。なので、発売をそれより前に持ってくるのは当たり前ですね。

なお、私は海外のゲームのニュースサイトではGamespotが一番好きなのですが(Reviewの結果が、私と一致する事が多いので)、早くもこのニュースに対してEditorの皆さんからコメントが出されています。こちらもおおむね好意的なコメントが多いですね。

リンク: GameSpot Gut Reactions: Nintendo 2006

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年9月11日 (月)

9/4の週のプレイリスト

いままで日付が一日ずれてた事に気が付きました。だから何だっていう話ではあるんですが...

さて、今週のPlaylistの状況はこんな感じです。

(順位)-(回数)-(Artist)-(曲名)-(先週との比較)

1. (25) Gabriela Robin - トルキア (-)
2. (23) AKINO - 荒野のヒース (-)
2. (23) JAM Project - 未来への咆哮 (-)
2. (23) 影山ヒロノブ - Vanishing Trooper (-)
5. (22) Staind - Right Here (↑)
5. (22) Trapt - Waiting (-)
7. (20) JAM Project - 迷宮のプリズナー (-)
8. (19) lisa - Time Is On My Side (-)
9. (17) K.M.F.D.M - New American Century (-)
9. (17) TRUSTCompany - Slave (-)
9. (17) クロマメ - ASH TO ASH (-)
9. (17) クロマメ - フラッパーガール ver1.01 (-)

今回順位に変更があったのは、「Right Here」のみですね。という訳で、今週は、この曲が収録されている、Staindの「Chapter V」についてふれようと思います。

私がそもそもStaindの事を知ったのは...ハワイで見たMTVだったかなあ?今は亡き(笑)CDNOW(現在はアメリカのAmazonに吸収されてしまいました)で、最初のアルバム「dyxfunctinal」を買ったのが始まりでした。結局それ以降新しいアルバムが出る毎に買ってます。最も、どのアルバムも、とてもいい曲が2曲くらいあって、ちょっとそれよりは評価が落ちる曲が残りを埋めている、という印象が強いですね。で、「Chapter V」では間違いなく「Right Here」が一番良い曲だと思います。それ以外だと:

  • Run Away
  • Please
  • Everything Changes

とかが結構好きです。

ちなみに、彼らの公式HP(英語)で、「Right Here」のPVが見れますので、興味の沸いた方はご覧になって下さい。

さて、今週はどうなるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 8日 (金)

やはり斜め上を行くテレビ東京

2日遅れになりましたが、秋篠宮妃がご出産されました。おめでたい事です。

実は私、ご出産された水曜日には、8時45分頃に起きて、ボーっとTVを見てました。(家が会社に近いもので、結構遅く起きても遅刻しないんです。) で、各放送局が「手術室に入られた」という報道をしていた訳ですが、それ系の番組を流していなかったのはNHKの教育TV、NHKのBS1(メジャーリーグ中継中でした)、そして勿論...

テレビ東京

(なんで「勿論」なのかはこちらをご覧下さい。)

ちなみに放送していたのは、「モラハラ・パワハラを受けないようにするには」っていう特集でした。まあ、それはそれで大事な事ですが、このタイミングで流すのはシュールすぎる... さすがです。

なお、9時過ぎには無事出産が終了、というニュースが流れましたが、ここでもテレビ東京は、予定どおり本日の株価市場に関する番組をやっていました。

私自身は、ここまで見て「さすがテレビ東京。」と思って出勤したんですが、テレビ東京はそのさらに上を行っていました。それがこちら。

リンク: 痛いニュース(ノ∀`):紀子様ご出産で高橋名人が街頭インタビューされる.

ここまでくると、「さすが。」を通り越して、尊敬すら感じます。

#ちなみに、高橋名人の話はネットで話題になっていますが、それ以外の部分はあんまり話題になっていませんね。まあ、インパクト強いもんなあ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 4日 (月)

8/27の週のPlaylist

今週のPlaylistの状況はこんな感じです。

(順位)-(回数)-(Artist)-(曲名)-(先週との比較)

1. (25) Gabriela Robin - トルキア (-)
2. (23) AKINO - 荒野のヒース (↑)
2. (23) JAM Project - 未来への咆哮 (-)
2. (23) 影山ヒロノブ - Vanishing Trooper (-)
5. (22) Trapt - Waiting (-)
6. (21) Staind - Right Here (-)
7. (20) JAM Project - 迷宮のプリズナー (-)
8. (19) lisa - Time Is On My Side (-)
9. (17) K.M.F.D.M - New American Century (-)
9. (17) TRUSTCompany - Slave (-)
9. (17) クロマメ - ASH TO ASH (-)
9. (17) クロマメ - フラッパーガール ver1.01 (-)

ちょっと順位の付け方を変えました。というか、演奏回数が同じ曲を同一順位にしただけですが... なので、今回は12曲エントリーしてます。

で、今回順位に変更があったのは、「荒野のヒース」のみですね。そもそも、この曲はアニメ「創聖のアクエリオン」の挿入歌として使われていたものですので、今回は「創聖のアクエリオン OST I」についてふれようと思います。

私はそもそも菅野よう子さんの曲が結構好きなので、菅野さんが「アクエリオン」の音楽の担当と聞いてから結構興味があったんです。このアルバムの中では、やはり「荒野のヒース」が一番いいですが、これ以外の曲でも:

  • 創聖のアクエリオン
  • マッチョバトル
  • 鳥になって
  • ドラゴンレイカ
  • プライド~嘆きの旅

とかは結構好きです。実は、私が去年買ったCDの中ではかなり満足した部類に入ります。

ただ、残念ながら、「OST II」はそんなに気に入る曲がなかったんですよね。あと、アニメ自体も、ネタとしては面白かったんですが、それだけで終わってしまった感があります。

さて、今週はどうなるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 2日 (土)

マクドナルドの店員のスマイルをぶっ壊す方法

2ちゃんのまとめです。

リンク: もみあげチャ~シュ~:マクドナルドの店員のスマイルをぶっ壊す方法.

とりあえず、私の知ってる方法だと、これなんかそうですね。

リンク: マクドナルド制覇。(2005/2/11)

あと、ハンバーガー100個注文、とかでしょうか。こちらは結構やってる人がいるみたいなので、興味のある方はググってみて下さい。っていうか、なんで435,000件もヒットするのが理解できん...

ただ、自分で紹介しておいてなんですが、確かにこういうのはネタとしては面白いんですが、決していい趣味ではないです。特に、ハンバーガー100個の方は完食していない人が多かった事もあり、直接紹介するのは控えました。(食べ物を粗末にするのはやめましょう。)また、従業員の方にも多大な迷惑をかける事になりますので、調子に乗って実行しないように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Official Seal Generator

こんな記事を見つけたので、早速やってみました。

リンク: 自分の紋章が作れる「Official Seal Generator」 - GIGAZINE.

Seal

出来たものがこれです。私はUnreal Tournamentというゲームが結構好きなので、ちょっとそのイメージでやってみたんですがどうでしょう?


個人的には悪くないと思ったので、ついでにこのページ用の紋章(?)も作っちゃいました。プロフィールの下にあるのがそれです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

衝撃の事実なのかやっぱりなのか...

リンク: rocketdolphinの日記 - イケメンは何着てもかっこいいけど、ブサイクは何着てもかっこ悪い.

私が一般的にどっちなのかは、私からコメントするのは控えますが、一番最後の写真の変化は、すごいとしか言いようがないです...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »