« 無断リンク | トップページ | ジーコ監督去る »

2006年6月24日 (土)

ドルトムンドの屈辱

さて、1-4で負けてしまったブラジル戦を振り返ってみたいと思います。

FW陣を入れ替えて、先取点まで取ったところまでは非常に良かったと思います。ですが、前半のロスタイムに失点してからは、後はずるずると負けてしまったのはご存知のとおりです。

日本のサッカーの将来のためにも、ブラジルが日本をあそこまで叩きのめしてくれた事は良かった、と思いたいですね。勝ちが動かなくなった時点で、ブラジルが、休ませるためにロナウジーニョとカカを交代させたところまでは「しょうがないかな。」という所です。

ただし、最後の交代枠をキーパーの交代に使われた事。これはかなりの屈辱でしょう!いくらブラジルが次のラウンドに進む事が決まっていたとはいえ、本大会でこんななめられ方をした事を、日本は忘れてはいけないと思います。いつか必ず、この借りを、ブラジルに一方的に勝つ事で返してほしいところです。(しかし、いつになる事やら...)

日本人の選手では、やはり川口選手が頑張ってました。いくつか致命的なミスもありましたが、今回の日本代表のMVPをこの人を置いてないと思います。

最後に、中田英寿選手について。

私は、彼のスタンスは好きです。私は、「皆仲良くしようぜ。」的な「なあなあ」な雰囲気は嫌いな方なので、彼のように厳しい事でもビシッと言う人の方が信頼できます。巷では、彼が厳しい事を言う事によって、「チームの和を乱す。」だとか、「傲慢だ」みたいな意見もあるみたいですが、その程度で乱れるようなチームの和なら、あっても意味がないと思うんですが。

残念ながら、彼自身も、パフォーマンス的には今大会あまり光る事はできませんでしたが、アジア予選を突破した時に、彼が言った事が現実となってしまった事は、ずっと覚えておくべきだと思います。未来の日本代表が、この事を覚えていてくれる事を切に願います。

ただ、彼をイチローと比べる記事をいくつか見ましたが、それがどれだけ下らない事なのか、記者の人は分かってるんですかねえ。イチローにせよ、ヒデにせよ、取っ付きにくくしたのはマスコミ自身の責任でしょうに... 

|

« 無断リンク | トップページ | ジーコ監督去る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165432/10693904

この記事へのトラックバック一覧です: ドルトムンドの屈辱:

« 無断リンク | トップページ | ジーコ監督去る »