« ドルトムンドの屈辱 | トップページ | 次期日本代表監督について »

2006年6月27日 (火)

ジーコ監督去る

ジーコ監督が4年間の任期を終えて退任されました。

多くの人がそう感じているように、私もジーコ監督が目指したサッカー、すなわち、監督が選んだシステムに依存するのではなく、選手達自身が考えてゲームを組み立てるようになるサッカーができなければ、日本のサッカーは次のレベルにいけない、という点については多いに賛成です。ただし、実際はどうだったか、というと、結果は出せなかったと考えています。World Cupの結果のみでなく、全体的にジーコ監督になってからの日本代表のサッカーは、トルシエ監督のサッカーと比べて見ていて面白くなかった、というか、相手を脅かす危険さを感じなかった気がしています。むしろ、こちらがいつやられるか、という嫌なスリルばかりが感じられ、あまり見ていて面白くなかったです。アジアカップの際には、若干危険さとか、期待を感じる事ができましたが...

思うに、ジーコ監督は、「使われる選手の立場」から指揮をしすぎたのではないかと思っています。ジーコ監督がそれまでの代表での貢献度をベースに選手を選んでいて、選んだ選手は家族のようにみなしていたのは周知の事実です。話は少し変わりますが、私はスポーツの勝負は8割の実力と2割の運で決まると思っています。日本の選手層として、MF、DF、GKにはある程度安定した実力を発揮できる面々がそれなりに揃っていると思っていますが、FW陣にはそういう選手はいません。そのため、現時点では、私は運が波に乗っているFWの選手をその都度その都度選ぶべきだったと思っています。(それがうまくいった例が、2年前の久保選手や玉田選手、去年の大黒選手ではないでしょうか。)しかし、今までの貢献度で選んでしまったため、あまり波に乗れている選手が選ばれず、結果として今回のWorld Cupで日本のFWは殆ど結果を残せていないのではないでしょうか。(玉田選手の1点くらいでしょうか) ベンチワークにしても同じようなものを感じました。ただし、その点に関しては、今回がジーコ監督にとって初めての監督稼業であった、という点を差し引いて...あげる必要はないか。代表監督といえば本来はトップレベル中のトップレベルであるべきなので、結果を出せて当たり前なんだし。

ただし、ジーコ監督は監督なりに、日本のレベルを上げてくれようとした事は事実ですし、この4年間、それなりに期待は持たせてくれましたので、その事には感謝したいと思います。

さて、次期の監督についても書くつもりでしたが、それについてはまた別の記事として書こうと思います。

|

« ドルトムンドの屈辱 | トップページ | 次期日本代表監督について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165432/10694033

この記事へのトラックバック一覧です: ジーコ監督去る:

« ドルトムンドの屈辱 | トップページ | 次期日本代表監督について »