« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月27日 (火)

ジーコ監督去る

ジーコ監督が4年間の任期を終えて退任されました。

多くの人がそう感じているように、私もジーコ監督が目指したサッカー、すなわち、監督が選んだシステムに依存するのではなく、選手達自身が考えてゲームを組み立てるようになるサッカーができなければ、日本のサッカーは次のレベルにいけない、という点については多いに賛成です。ただし、実際はどうだったか、というと、結果は出せなかったと考えています。World Cupの結果のみでなく、全体的にジーコ監督になってからの日本代表のサッカーは、トルシエ監督のサッカーと比べて見ていて面白くなかった、というか、相手を脅かす危険さを感じなかった気がしています。むしろ、こちらがいつやられるか、という嫌なスリルばかりが感じられ、あまり見ていて面白くなかったです。アジアカップの際には、若干危険さとか、期待を感じる事ができましたが...

思うに、ジーコ監督は、「使われる選手の立場」から指揮をしすぎたのではないかと思っています。ジーコ監督がそれまでの代表での貢献度をベースに選手を選んでいて、選んだ選手は家族のようにみなしていたのは周知の事実です。話は少し変わりますが、私はスポーツの勝負は8割の実力と2割の運で決まると思っています。日本の選手層として、MF、DF、GKにはある程度安定した実力を発揮できる面々がそれなりに揃っていると思っていますが、FW陣にはそういう選手はいません。そのため、現時点では、私は運が波に乗っているFWの選手をその都度その都度選ぶべきだったと思っています。(それがうまくいった例が、2年前の久保選手や玉田選手、去年の大黒選手ではないでしょうか。)しかし、今までの貢献度で選んでしまったため、あまり波に乗れている選手が選ばれず、結果として今回のWorld Cupで日本のFWは殆ど結果を残せていないのではないでしょうか。(玉田選手の1点くらいでしょうか) ベンチワークにしても同じようなものを感じました。ただし、その点に関しては、今回がジーコ監督にとって初めての監督稼業であった、という点を差し引いて...あげる必要はないか。代表監督といえば本来はトップレベル中のトップレベルであるべきなので、結果を出せて当たり前なんだし。

ただし、ジーコ監督は監督なりに、日本のレベルを上げてくれようとした事は事実ですし、この4年間、それなりに期待は持たせてくれましたので、その事には感謝したいと思います。

さて、次期の監督についても書くつもりでしたが、それについてはまた別の記事として書こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月24日 (土)

ドルトムンドの屈辱

さて、1-4で負けてしまったブラジル戦を振り返ってみたいと思います。

FW陣を入れ替えて、先取点まで取ったところまでは非常に良かったと思います。ですが、前半のロスタイムに失点してからは、後はずるずると負けてしまったのはご存知のとおりです。

日本のサッカーの将来のためにも、ブラジルが日本をあそこまで叩きのめしてくれた事は良かった、と思いたいですね。勝ちが動かなくなった時点で、ブラジルが、休ませるためにロナウジーニョとカカを交代させたところまでは「しょうがないかな。」という所です。

ただし、最後の交代枠をキーパーの交代に使われた事。これはかなりの屈辱でしょう!いくらブラジルが次のラウンドに進む事が決まっていたとはいえ、本大会でこんななめられ方をした事を、日本は忘れてはいけないと思います。いつか必ず、この借りを、ブラジルに一方的に勝つ事で返してほしいところです。(しかし、いつになる事やら...)

日本人の選手では、やはり川口選手が頑張ってました。いくつか致命的なミスもありましたが、今回の日本代表のMVPをこの人を置いてないと思います。

最後に、中田英寿選手について。

私は、彼のスタンスは好きです。私は、「皆仲良くしようぜ。」的な「なあなあ」な雰囲気は嫌いな方なので、彼のように厳しい事でもビシッと言う人の方が信頼できます。巷では、彼が厳しい事を言う事によって、「チームの和を乱す。」だとか、「傲慢だ」みたいな意見もあるみたいですが、その程度で乱れるようなチームの和なら、あっても意味がないと思うんですが。

残念ながら、彼自身も、パフォーマンス的には今大会あまり光る事はできませんでしたが、アジア予選を突破した時に、彼が言った事が現実となってしまった事は、ずっと覚えておくべきだと思います。未来の日本代表が、この事を覚えていてくれる事を切に願います。

ただ、彼をイチローと比べる記事をいくつか見ましたが、それがどれだけ下らない事なのか、記者の人は分かってるんですかねえ。イチローにせよ、ヒデにせよ、取っ付きにくくしたのはマスコミ自身の責任でしょうに... 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木)

無断リンク

一部で話題になっているこんな記事があります。

リンク: スラッシュドット ジャパン | 電通、「ハンドルネーム等により運営されているサイト」からのリンクを固くお断り.

という訳で、さっそく喧嘩売ってみました。

リンク: バカじゃねえの?

さあ、どうにかしてみやがれ。

特にこんな大手の会社から、こんな事を言われると私の反抗心が黙っちゃいないわけです。私はそもそも「無断リンクお断り」っていう文言自体好きじゃないんです。私の知っている限り、そんな文化があるのは日本だけです。そんなに無断にリンクされるのが嫌なら、そんな情報Internetにだすんじゃねえや!というのが私のスタンスです。

で、ネット上の意見はどうなんだろうとGoogleで検索をかけてみました。まず、「無断リンク」だけだと98万5千件のヒットが。で、最初の30件程見てみたんですが、殆ど無断リンク禁止に反対するページでした。援護するページは1つもありませんでした。

今度は「無断リンク 賛成」で検索すると、ヒットは1万9千件。で、中身を見てみると...これも無断リンク禁止に反対するページばっかりじゃん!

まあ、これ以上はメンドクサクなってきたので調べませんが、私が探したかなり限定されたサンプルの中から得た結論としては、無断リンク禁止に賛成されている方っていうのは、掲示板等でしか意見を言われていないようで、しかも極めて倫理的な意見が根拠になっているみたいですね。ただ、私の調べたのも、極めて限定的なものなので、もしどなたか整然と無断リンク禁止を援護しているページをご存知の方がいましたら、興味があるので教えていただけると幸いです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火)

で、試合後のあれこれ

まず、オーストラリア戦後には誤審騒動がありました。

FIFAの広報部長は誤審を認めましたが、(オーストラリアの選手は認めたって言ってますが)主審が認める訳はないし、認めるべきでもないと思います。だから、恐らく主審が自国(エジプトでしたっけ?)の新聞に「誤審じゃなかった。」って言った事は本当なんだと思いたいです。どんなスポーツでも審判の権限は絶対で、揺らぐべきではないですから。ただし、だからといってレベルの低い判定はやってほしくないので、レベルの底上げには努めていただきたいなと。あと、ジーコ監督も、言いたい気持ちはわかるけど、それに対してわざわざコメント出さないで下さい。みっともないから。

で、クロアチア戦後の、ジーコ監督のメディア批判。

天漢日乗: W杯 クロアチア対日本 0-0 日本苦戦の戦犯は電通か?:

いや、相手も同じ条件だから、苦戦の理由にはならないと思うんですが... ただ、暑い中で試合をすると、その分消耗も激しいだろうし、回復に時間がかかるのは間違いないですね。また、1視聴者としても、手玉に取られたみたいで面白くないのも確かです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーストラリア、クロアチア戦を振り返って

今日はここまでのWorld Cup2006における日本代表について書こうと思います。(本当は1ゲーム毎に書ければ良かったんですが、ちょっとオーストラリア戦の後に時間を置きすぎました。)

  • 対オーストラリア、1 - 3

大事な第1戦を落としてしまいました。過去のWorld Cupにおいても、第1戦で負けて本大会トーナメントラウンドまで残った例は本当に少ない、と聞いた事がありますので、統計的にも日本代表はものすごいハンデを背負う事になりました。

ディフェンス陣はすごく頑張ってたと思います。負けたのは、追加点が取れなかった攻撃陣と、ベンチワークを決めたジーコ監督の責任でしょう。(試合前のインタビューで、オーストラリアのヒディンク監督が「日本の弱点は監督」と言っていたのがそのとおりになってしまいました。」)坪井選手の交代はしょうがなかったと思いますが、小野選手を入れた時に柳沢選手と替えるのはどうかと... 確かに、柳沢選手は試合前までケガの回復具合が心配されたりしていましたが、高原選手に比べれば相手DFに対する詰めもしっかりしていたし、小野選手なら精彩を欠いていた中村選手(一応1点取りましたが、あの1点は偶然でしょう。ファウルとられなくてラッキーだっただけです。)の代役も充分務まったと思います。(ジーコ監督としては中盤でのボール廻しを良くしたかったみたいですが...) また、逆転されてからの大黒選手の投入も遅すぎです。しかも茂庭選手に変えるって!最後の交代枠なので、なるべく温存したいのは分かりますが、あの時間から出場させて、大黒選手に結果を求めるのはちょっと酷だと思いますが...

試合後のインタビューで、あの宮本選手が言葉を失っていたのが印象的でした。あと、双方ともにイエローカードが多かった気がします。

まあ、個人的には高原選手がフル出場してたのが一番気に入らない(笑)

  • 対クロアチア、0 - 0

心臓に悪いゲームでした。ただ、内容では負けていただけに、引き分けで終われてラッキーだったんではないでしょうか。くやしいけど。

今回もDF陣は頑張っていたと思います。問題は攻撃陣!そもそもシュートが少なすぎですが、中田選手以外は枠にすら飛ばないってどういう事ですか!あと、やっぱり大黒選手はギリギリの時間まで出してもらえないし。

高原選手? ああ、そんな人もいましたね。出てたっけ?(笑)

ちなみに、宇都宮さんのレポート で、選手入場時の宮本選手の視線の話が出てましたけど、入場前の様子が、日本とクロアチアは完全に対象的でした。クロアチアの選手は結構リラックスしていて、一緒に入場する子供達と話をしていたりしたのと比較して、日本側は正直怖い顔になっていた宮本選手を筆頭に、そんな雰囲気は全然なかったですからね。まあ、試合終了後に、サントス選手の足が攣りかけていたのか、サントス選手のクロアチアの選手がストレッチを助けてるのが微笑ましかったです。やっぱスポーツはこうでなくっちゃ。

なにはともあれ、引き分けてしまった事で、日本代表が第2ラウンドに進める可能性は限りなく低くなってしまいました。相手はブラジルだし。

私がもしジーコ監督に何か言えるのであれば、「まず今のFW陣外して巻選手使って下さい。」って事ですね。話はそれからだ!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 6日 (火)

COMMON SENSE

こんなサイトがあったので、ちょっとやってみました。

リンク: COMMON SENSE.

結果は70%。内訳は...

  • 政治:100%
  • 経済:40%
  • 法律:50%
  • 歴史:70%
  • 国語:90%

でした。

歴史で70%しか取れなかったのがちょっとショックです...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月)

対マルタ戦

私のもっているサッカー日本代表のイメージは、こんな感じです。

  • たまにものすごいいい試合をする。ただし、その流れは維持できない。
  • たまにボロボロに負ける。ただし、それをバネに修正して、だんだん調子を上げる。

で、この間のドイツ戦が前者のパターンになるんじゃないかなあ、という恐れがあったので、こんな事 を書いた訳です。で、マルタ戦に臨んだ訳ですが...

ドンピシャではまってくれました。(嬉しくないやい!)

ピリッとしないゲームでしたね。玉田選手が先取点取った所までは良かったんだけど。

ちなみに、私は以前こんな事 を書いて、日本のスポーツジャーナリズムのレベルを嘆いた事がありますが、スポーツナビの宇都宮さんの記事は結構好きで、毎回見るようにしています。

その宇都宮さんの試合後の記事がこちら。

リンク: サムライはジタバタしない!- スポーツナビ

グタグタサッカーですか... 手厳しいけど、事実ですね。開幕まであと数日ですが、この試合の結果から、選手の皆さんが奮起してくれる事を期待するのみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »