« レアチーズケーキ/牛肉のソテーのクリームソース | トップページ | 今からゾイドと家の犬を戦わせる »

2006年4月 6日 (木)

Richie Kotzen/哀 戦士ZxR

ここで以前話題にしたAlbum買いました。

Richie Kotzenは、Mr. BigのGuitaristだった人です。(とは言っても、実は私はMr. Bigの曲って3曲位しか知らないし、しかもそのうち2曲は彼がGuitaristをやっていた時代よりも前なんですけどね。) そういうBackgroundを持つ人が、ガンダムの曲をどうアレンジするか、非常に興味があったんですが...(そういえば、Mr. Bigと言えば、Vocalの人も日本通ですね。)

で、簡単に言ってしまうと、”ガンダムの歌 meets Hair metal”という感じになってます(笑)。まあ、当たり前ですね。

感想としては、古い歌ほど面白いと思います。Zの主題歌や、最初の劇場3部作の歌なんかは結構気に入りました。特に「めぐりあい」と「Z・刻を越えて」のアレンジである、「Encounter」と「Go Beyond The Time」は非常に良かったです。あと、3曲程Richie Kotzen Originalの曲が入っていますが、これらも悪くはないです。

ただし、曲の書かれた時代が新しくなる程、私の評価は低くなりました。劇場版Zガンダム第1作に使われたGacktの曲もアレンジしてるんですが、これらの曲については特にこのアルバムに入れる必要性が感じられません。「Metamorphoze」については、同じ曲とは思えないくらい殆ど原型をとどめていない(ギターのコード進行から何とかわかる程度)上に、Originalにあった、曲の静かな部分と、ギターがガンガン鳴っている部分のコントラストが失われて、かっこ良さがなくなってる気がしました。また、「君が待っているから」については、メロディーが変わってしまった事で、間違いなく改悪されている気がしました。0083の"The Winner"については、あまり原曲から変わっていませんが、歌詞のせいで完全にLove Songになってしまっていたので正直げんなりです。これなら代わりにVガンダムの曲のアレンジを聴いてみたかったです。

(余談ですが、私がJ-POPとHair Metalをそんなに好きじゃない理由が、これらのジャンルの曲がLove Songばっかりだという事です。全面的に嫌いっていう訳じゃないので、たまに聞いたりする分にはいい(むしろ、Hair Metalについては、一時期ハマっていた時もあるので好き)と思うんですが、正直そんな曲ばっかりだと白けるんですよね。恐らく、そちらの方が多くの人にrelateできるっていう所はあるんだと思いますが...)

何はともあれ、ガンダムとRockが両方好きな人には面白いのではないでしょうか。逆に、ガンダムにも、Rockにも興味がない人にはお勧めできません。まあ、当たり前ですね。

個人評価: 2 (5段階評価 1:まず2度と聞かない~5:名盤)

ちなみに、Rolling Stonesの来日公演で、Opening Actとして出演したみたいですね。こんな記事がありました。

リンク: ITmedia  D Games:燃えろ30代――「哀 戦士Z�R」.

|

« レアチーズケーキ/牛肉のソテーのクリームソース | トップページ | 今からゾイドと家の犬を戦わせる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165432/9454077

この記事へのトラックバック一覧です: Richie Kotzen/哀 戦士ZxR:

« レアチーズケーキ/牛肉のソテーのクリームソース | トップページ | 今からゾイドと家の犬を戦わせる »