« あなたは本当はどの国にすむべきか | トップページ | 物欲が止まらない »

2006年3月14日 (火)

ZガンダムⅢ-星の鼓動は愛

リンク: ZガンダムⅢ.

実は公開日に見てたんですが...

実は、私もかなりのガンダムマニアでして...その中でもZガンダムは格別に好きです。特にあの救いのない所が。しかし、今回劇場化にあたって富野監督はそういう色を薄めて、全く別の雰囲気の物語にしようとしたみたいです。CMでも「誰も知らないラスト」という点を強調していましたが、はたしてその結果はいかに?

やっぱり駆け足なのは前2作と同じです。もともと、Zガンダムは、アクシズが出てきてからは状況が二転三転するので(まあそういう所が好きなんですが)、ただでさえちょっとわかりにくいのですが、これは映画版から入った人は付いていけないのではないかと思います。特に、エゥーゴが、ハマーンの助力を得るために一度アクシズに降伏するんですが、そこら辺の説明が全くないので、そういう筋書きを忘れていると、いきなりZガンダムがグワダンから発進するシーンが入っているので、私も一瞬付いていけなくなるところでした。

しかし、それを差し引いても、なかなか良い出来だったと思います。相変わらず、キャラクターが次々に死んでいく事に変わりはないのですが、よく雰囲気が暗くなりすぎずに話が進んでいくなあと。よくあれだけの内容をここまでまとめたなあというのが第一印象です。特にラストはこうきますか、という終わり方になっています。

不満点としては、上で書いた話の展開のスピード、サラ役の声優(もう一回変わってます)、一番最後にGacktの"Dybbuk"が流れるところ("Love Letter"で終わってれば良かったのに。悪い曲ではないと思いましたが、一番最後に流す曲ではないと思う)ですかね。

3部作の第3部なので、前2作を観た前提であれば大いにお勧めできます。もし、観ていないのであれば、まずついてこれないと思いますので、先に前2作を見てからにした方がいいでしょう。

個人評価: ガンダム補正付きで4 (5段階評価 1:時間の無駄~5:Classic)

|

« あなたは本当はどの国にすむべきか | トップページ | 物欲が止まらない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165432/8944415

この記事へのトラックバック一覧です: ZガンダムⅢ-星の鼓動は愛:

« あなたは本当はどの国にすむべきか | トップページ | 物欲が止まらない »