トップページ | 2006年3月 »

2006年2月26日 (日)

Korn / See You On The Other Side

SYOTOSDenverの帰りがけにSan Franciscoの空港で買ってきました。買ったのはLimited Editionです。

Kornは3rd Album以降のAlbumは全部買ってます。(Best版は買ってません。) ただ、最近の彼らのAlbumは失礼ながら似たような曲が多く、あまり進歩がない感じがしていました。彼ら自身それは自覚していた部分もあるようで、このAlbumの前に、メンバーの1人がそれを理由に脱退しています。(最も、彼はジャンル自体に失望したみたいなコメントを出していましたが...)

で、(Bestを除くと)7th Albumとなる本作ですが、6thよりはいい感じです。いまのところ、気に入っているのが:

  • Politics
  • Throw Me Away
  • Open Up
  • Tearjerker

といったところでしょうか。特に、"Tearjerker"は、彼らにしてはとても珍しい静かなバラードです。ただ、上記の曲は、他の曲に比べると比較的良い、という程度で、あまり突出した曲ではないので、Albumとしての印象が薄くなってしまっているのが残念なところです。

さて、最後に、なぜ日本でもちょっと前にすでに発売されていた本作を、わざわざアメリカで買ってきたのか、説明しておきましょう。
まずは、下記のリンクを見て下さい。

http://beta1.search.tower.jp/test.php?keyword=ALL&entry=korn&GOODS_SORT_CD=101&SEARCH_GENRE=ALL&TYPE=ALL&STR=korn

お気付きとは思いますが、本AlbumはCCCDばかりです。唯一CCCDではないのが、Limited Editionだけなんですが、これは日本国内で見つけるのはちょっと面倒です。6th Albumの出来があまり気に入らなかった事も加わって、今までパスしていたのですが、海外で見かけたをきっかけに買った、という訳です。

私はmp3プレイヤーで音楽を聴く事が多いので、CCCDのコンセプトも気に入りませんし、それを導入する際にレコード会社が使った口実も気に入りません。(一応書いておきますが、私は年に30枚以上CD買ってます。)
一度だけ、好きなバンドの新Albumだったから、という事で我慢してCCCDを買ったんですが、そこでも危なく酷い目にあう所でした。(よりによって、Sony BMIのroot kit問題の対象CDだったんです。) という訳でそれ以降どんなに好きなArtistのAlbumでも、CCCDであれば買わない事にしています。

なお、本AlbumのSleeveには歌詞は書かれていないので、歌詞カードが欲しい方はCCCDであるのを我慢して、国内版を買われた方が良いでしょう。

個人評価: 3 (5段階評価 1:まず2度と聞かない~5:名盤)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月25日 (土)

タイトル変えました。

ちょっと興味があってググってみたら、「黒い羊の独り言」っていう別のブログがあるのを見つけました。

まあ、別にクレームが来た訳じゃないんですが、向こうの方が間違いなく先発なので、ブログの名前変えました。最も、このブログを見てる人殆どいないと思うんですが...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クマーッ!

実は、先週1週間、出張でU.S.AのDenverに行ってました。

  • 初日:右目にモノモライ発見。夜に、シャワー浴びて寝ようとしたら、「デンバーの上水道管が破裂して、最大10時間断水します。」というお知らせが。気持ち悪いのを我慢して寝る羽目に。
  • 1日目:会議で、前のテーブルに座る人が、上着を脱ごうとした時に私の前においておいたコップを引っ掛けて、カバンを水浸しにされる。ホテルの部屋用にフロントから「一晩だけですよ。」と言われて借りていたLANケーブルを返しに行ったら、「あら、返ってきたの初めてよ。」と言われる。しかも売店で売ってるケーブルは1.5mでなんと$10!
  • 2日目:前日、真夜中まで仕事していて、7時に起きようと思っていたら、6時に同僚から電話が掛かってくる。
  • 3日目:いつも一緒に晩御飯を一緒に食べる約束をして、結局ドタキャンせざるを得なくなる同僚と約束をするが、またもや会議が長引いてドタキャン。外はSnow Storm。
  • 4日目:外が寒い!Denverなので、厚手のダウンジャケットを持っていっていたのだが、3日目までは全然寒くなかったのに、一気に0℃以下に。空気も乾燥しているため、唇や手がひび割れまくり。
  • 5日目:仕事が終わって、「ナルニア」でも映画館に見に行こうと思ったら、アメリカでは映画の封切りが金曜日という事を忘れていて、すでにナルニアは公開終了。
  • 6日目:移動の飛行機が朝早く(6:00発)だったので、朝3時にモーニングコールを頼んでいたら、その時に「今、外は華氏-9度です。」という情報が。(摂氏に直すと-23℃!)また、空港までバンを頼んでいたのだが、訳の分からないAirport Shuttleとかいうのに乗せられたあげく、やけに色々な所を回って、結局後からホテルを出た同僚達よりも後に空港に付く羽目に。運賃はタクシーよりも安かったものの、会社に請求するから意味全くなし。

ええと、何なんでしょうね、このネタまみれな感じは... 

kuma ちなみにこの写真は、ホテルの近くにあるConvention Centerの前に立ってるクマのオブジェです。

何の意味があるかは知りません。
ただ、やけに2ちゃんねる用語の「クマーーーーッ」というのが頭にこびりついて離れないんですが...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月21日 (火)

F.S.S.12巻

リンク: F.S.S.新刊案内.

待ってました!!!

しかし、4月10日ですか... 大分先ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月20日 (月)

ホテル・ルワンダ

リンク: 映画「ホテル・ルワンダ」公式サイト.

実はちょっと前に見に行ってたんですが、感想をまとめるのに時間がかかってしまいました。というよりも、一度頭を冷やして考えをまとめないと、ちゃんとした文章にならない感じだったので...(まあ、本当にちゃんとした文章になっているかどうかは怪しいものですが)

テーマがテーマだけにEntertainmentを期待して見に行った訳じゃないんですが…重かった。私が今まで見た映画の中で、一番衝撃的な映画なんじゃないかと。途中から歯を食いしばって見てました。そして、見終わった後に、私が感じたのは、絶望的なほどの無力感でした。

事件当時(1994年)、私はこんな事件が起こっている事を全く知りませんでした。そういう無知、無関心が、あのような事態を引き起こした一因である事は間違いなく、それは映画も伝えたかったのは間違いないと思います。

私の中で特に印象に残っているのが、虐殺の光景を撮ってきたカメラマンに対し、これを見れば国際社会がルワンダで目を向けて助けてくれるはず、と礼を言う主人公に対し、カメラマンが 「どうだろう?僕はこれを見た人々は、『何てひどい!』と言うだけで、いつもどおり夕食を食べるんじゃないかという気がする。」というシーンです。(セリ フはうろ覚えです) 

そして、事実そうなった。

私には、流れる映像は、視聴者に「なぜ何もしてくれなかったの?」と断罪してくるようでした。そして、視聴者には、許しを請う資格も、涙を流す資格もない。そんな風に感じました。

ただし、私が一番絶望を覚えるのは、私があの時関心を持ったとしても、私1人では何も出来なかっただろうという事実です。例え、あの時私がどこかの国の指導者だったとして、自分の国民に対して、 「助けに行こう。」とは言えないのではないかと。基本的に、兵隊ってのは自分の国を守るためにあるものである以上、その国と特別な関係(利害関係と言った方がわかりやすいでしょうか)がなければ、自分の国民に対して、他の国のために戦場のまっただ中に行けと説得できるでしょうか?(そんな中であの国にいた国連のボランティアの方々には本当に敬意を表したいです。) また、説得できたとして、国連主導で動かなければ、下手をするとただの武力介入となって、事態をさらに悪化させていたかも知れません。

だからこそ私はできるだけ多くの人がこの映画を見てほしいです。   
無関心がどんな結果を生むのかを知るために。もし、同じ事が次にどこかで起こった時に、こんな惨劇を繰り返さなくてもすむようにするには何をすれば良いのかを考えるために。(私には、結局、世界的に「こんな事はやめさよう。」という世論を作り上げて、国連を動かす、位の事しか思いつきませんでしたが...)

何にせよ、とにかくこの映画を見てください。
あなたは何を考えますか?

個人評価: 評価不能...でも皆観ろ! (5段階評価 1:時間の無駄~5:Classic)

| | トラックバック (1)

2006年2月10日 (金)

P.O.D. / Testify

testify P.O.D.の4th Albumです。
買ってからちょっと経ってますが、簡単に紹介でも。

実は、P.O.D.のスタイルはラップの影響が強すぎて、私はそんなに好きじゃないんですが、2nd以来全部持ってたりします(笑)。バンド名を聞いてピンとこない方は、映画 "Matrix Reloaded"のEnd Rollで流れてた曲を歌ってたバンド、と言うと一番わかりやすいですかね。
(ちなみにあの曲、"Sleeping Awake"は3rd Albumに入ってます。)

で、3rd Albumはちょっと失望したんですが、このAlbumは3rdよりも気に入りました。
今のところ、気に入った曲は:

  • If You Could See Me Now
  • Goodbye for Now
  • Sounds Like War
  • Mistakes & Glories

といった所でしょうか。
特に"Sounds Like War"は、曲のメロディー自体はそう素晴らしいという訳ではないんですが、同じ日に映画"Hotel Rwanda"を見たので、何かすごく印象に残ってしまいました。(映画についての感想はまた後日。)
あと、個人的な事情で"If You Could See Me Now"と"Goodbye for Now"が無茶苦茶タイムリーだったり... でも、この2曲はそれ抜きでも充分いい曲だと思います。

なお、もともとのSleeveに歌詞はないので、歌詞が知りたい方は国内版を買った方がいいでしょう。

個人評価: 3 (5段階評価 1:まず2度と聞かない~5:名盤)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月 9日 (木)

GAPのCM

リンク: jonze.mov (video/quicktime オブジェクト).

え~と、仲間に入れてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 7日 (火)

次の購入予定のCD

とりあえず面白そうなので買ってみようかと。(3/22発売)

リンク: CDJournal.com - ニュース - ガンダム・シリーズの人気曲をR・コッツェンがカヴァー!C・ローパーも参加.

あと、これとか。

リンク:CDJournal.com - ニュース - ジョー・サトリアーニ、新作発表

高校生の頃にラジオで聞いた事があったので、以前から興味はあったんですが、手を出した事がなかったので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

回復しました(やってもうた... Part 2)

さあ大ピンチ、となった後、とりあえず手当たり次第に手がかりを求めてググった訳ですが…
Windows 98SEのinstallが失敗した理由が明らかに。

リンク: コンピュータは、以上 RAM の 1.5 GBで継続的に再起動できます。.

Windows Me と Windows 98 が RAM を 1 GB 以上処理するよう設計されていません。 1 GB 以上が潜在的なシステム不安定性が引き起こせます。

(日本語がおかしいのは、Microsoftのサポートページが、聞いてもないのに英語のページを機械翻訳しちゃうからです)

なるほどね、そういうオチですか。で、対処方法は:

  1. メモ帳などのテキスト エディタを使用して、Windows フォルダにある System.ini ファイルを開きます。
  2. ファイルの [386Enh] セクションに次の行を追加します。
    MaxPhysPage = 40000

という訳で、早速実践してみました。
PCを起動した途端に例のメッセージが出てきますが、再起動してSafe ModeでPromptを出す。system.iniを編集してもう一度再起動。

おお!いけるじゃん!
殆ど問題なくインストール終了。で、ここでSystem Commander 7 PlusをWindows98側で再インストールして、もう一度再起動。

あっけないくらい簡単にWindows XPでも立ち上がるようになりました。

まあ、若干気になるのが、Norton Internet Securityが、MBRに変更が加えられた事を全く認識してない事なんですが、とりあえず問題なく動いてるので良しとしましょう。

それにしても、一時は自分でboot.iniとかいじんなきゃ駄目かな、とか思ってたんですが、簡単に治ってくれて本当に良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 6日 (月)

やってもうた...

自宅のPCを、デュアルブートにしようと思ってずっとやってなかったんですが、昨晩ついに実行に移した訳ですよ。(この時点で23時っていうところで思い留まるべきだったんですが...)

まず、System Commander 7 Plusを使って、Windows XPメインのパソコンにWin98を入れようとしました。そもそも、この時点でRecovery Diskを作っとくべきなんですが、メンドクサイので省略したら、まずここで最初の問題発生。(ある意味天罰ですね。)98のSetup中に、ファイルのコピーまではやってくれるんですが、最初の再起動中に「メモリーが足りません」と。えええ~!Win98って、2GのRAMは積み過ぎなんだっけ?

数回トライして、時間が時間なので諦める事に。この状態だと、System CommanderがMBRを一時的に書き換えてる状態なので、これを元に戻さないといけないんですが、戻す手段が...ない。とりあえず、もう一つのPC(うちには2台PC があるんです。)にSystem Commander 7を一時的にインストールして、専用Diskを作成。で、それを使ってMBRを元に戻すはずが...

上書きしちゃいました。

おかげで、PCが立ち上がらなくなってしまいました。

その後:

  • なんとかWindows XPの起動画面までは行くようになりましたが、Autochkが見つからんとメッセージが出た後、固まってBoD。
  • 買った時についてる、Recovery CDから、Windows XPのRecovery Consoleを起動しようとしたら、Adminのパスワードではねられる。パスワード設定してないんだけど...

とりあえず、一遍でもちゃんと起動したら、Norton Internet SecurityがMBRを元に戻してくれるはずなんですが、そこまで辿り着かないんじゃあしょうがない。とりあえず、時間がある時にでも、HDD外して、JumperをSlave Driveに切り替えて別のPCからboot.iniをいじったら何とかならないかと画策している最中であります。

ちなみに、何でデュアルブートにしようかと思ったかって?
決まってるじゃないですか。ゲームのためですよ。特にStarlancerがXPでクラッシュしまっくてくれたので、98だったらもうちょっと安定して動かないかなあ、とか、Wing Commander:Prophercyがちゃんと動いてくれないかなあ、とか思ってたので...(終わってるね...)

まあ、こういう事をやると、いろいろ勉強になるんでいいんですけど、OSの再インストールは回避したいですねえ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 5日 (日)

豆腐ハンバーグ

以前から挑戦しようと思っていた、豆腐ハンバーグに挑んでみました。
ネットでレシピとか材料とか調べて、作った結果がこれだ!

dscn0169_small



まあ、ハンバーグには見えんわな。

分析するに、恐らく玉ねぎとひじき(黒く見えてるのはそのせい)を入れすぎたのではないかと。あと、みじん切りにした玉ねぎが大きすぎたかも...

でも味の方は悪くなかったです。
とりあえず、たっぷりの大根おろしと醤油で食っちまいました。

あと、これとは直接関係ないですが、最後に一言。

伊予柑うめー!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 3日 (金)

ある意味永遠に続く論争?

リンク: オタク女的らくがきブログ!:やっぱりおとこの人ってフローラを選ぶんですね・・.

DQ5のあのイベントについて。
ちなみに私はビアンカ派です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再度チャレンジ

以前はやめたけど、ああいう事になったので、再度チャレンジです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年3月 »